2/8 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月8日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

2/8 3:00 ASAS
日本付近の等圧線は徐々に広がってきており今夜は西から高気圧に覆われてくる見込み。
一方千島の東からアリューシャンにかけての低気圧は、一昨日から日本付近へのうねりが入りにくい気圧配置となっている。また御前崎沖合の西風は昨日日中は強めに吹いていたが今朝はやや弱くなっている状況。
今朝の千葉エリアは北西の風が弱く吹く。昨日よりも更にサイズダウンして今朝は物足りないサイズのポイントが多い。九十九里エリアから一宮周辺にかけては腿腰サイズ、勝浦エリアも膝腿から腰あるかどうか。鴨川から和田にかけても腿腰から腹くらいで西からの波がまだ少し反応している感じで千葉北より少しサイズはある。平砂浦も腰サイズは波が残っている。
湘南は西の波がかろうじて残り鎌倉から大磯まで膝腿から腰くらい、ポイント選べばなんとかできるがこれから更にサイズはダウンしてきそう。
北陸の豪雪は今日までで次第におさまってく見込み。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #寒気 #寒波

目次 1 異例のコースとなった記憶に残る台風2 日本列島を東から西へ前代未聞のコース3 台風12号からのうねりの反応まとめ3.1 7/253.2 7/273.3 7/283.4 7/294 内房エリアのうねりの反応チェック5 台風12号からのうねりの反応まとめ5.1 台風接近前5.2 台風通過後 サ […]

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!