8/13 3:00 ASAS 気圧配置と波情報〜南のうねりで今日もいい波、台風15号は発達しないで九州南部へ

  • 2018年8月13日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


8/13 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風14号は東シナ海を北西に進み大陸へ、南の海上にある台風15号は太平洋高気圧の縁辺を北西に12ktで進んでいる。中心付近の最大風速は45ktとなっているが、この台風は発達はしないかやや勢力を落としながら九州南部を指向しており熱帯低気圧に降格するかもしれない。太平洋高気圧の張り出しが西にひろがり台風15号はこれに沿って西へと向かう。

本州には引き続き南からの暖湿流が入り続けて今日も午後から激しい雷雨となる地点が出てきそう。海に入っていて雷が見えたらすぐに海から上がり安全な場所へ。既に雷が近くに落ちてたりしたらとりあえずウエットのまま車の中に入るようにしてください。

今朝の千葉エリアは無風から弱い風。

台風15号からのうねりは反応してない模様で高気圧吹き出しの南から南東ベースのうねり。九十九里エリアでは腰腹から胸くらいのサイズあり、朝一は無風なポイント多く片貝や作田や本須賀でもそこそこ楽しめるコンディション。一宮周辺は腿腰から腹くらいで南のよりのうねりだと一宮周辺の方がワンサイズ小さいときが多い。

千葉南エリアでは腹胸サイズがコンスタントにブレイクしているが、朝一は潮が多く割れにくい。この時間は潮が引いてきて良くなってきているのでは。平砂浦でも腰腹サイズあり南のうねりをひろっている。

湘南も腰腹サイズをキープしていて今朝も朝一から多くのサーファーで賑わっている。

鵠沼は腰腹から胸くらい、平塚も胸くらいありこれから潮が引いてきてコンディション良くなってくるはず。

盆休みの週で平日でも海の中は混雑するので、ルールとマナーで楽しく波乗りしたい。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!