9/24 気圧配置と波情報~太平洋側は物足りないサイズとコンディション、次の週末は台風24号のうねりで期待出来そう

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


9/24 3:00 地上解析図 / 24時間天気図

秋雨前線が南の海上に引き続き停滞、今朝は千葉から茨城の一部エリアには雨雲が発達しているところがあり、鹿嶋周辺では激しい雷雨になっていそうなので、雷鳴ってるときは危険なので海から上がるようにお願いします。

前線の位置次第で風向きが変わる不安定な風だけど、今日はそれほど強まらなそう。

波の反応は弱くなっていて、太平洋側はサイズの物足りない連休最終日に。

台風24号は非常に強い勢力に

西進を続けている台風24号は勢力を強めて今朝3時の解析では935hpa、中心付近の最大風速は95KTとなり、中心では50m/sの風が吹いている。明日から明後日にかけて更に発達し、前回同じようなコースを通った台風22号のように猛烈な台風に昇格する見込み。

ただこの台風は非常にゆっくりと西へ進んでおり、明日には一時的にほぼ動きがなくなるかもしれない。

これからフィリピン北部や台湾への影響が気になるところだけど、この位置でこの強さで停滞となれば、水曜あたりには南から南東うねりが西日本で反応をはじめ、千葉や湘南にも木曜あたりからうねりの反応が見られるかもしれない。更に動きが遅いとなれば、次の週末には南から南西うねりがしっかりと反応し続けそうな感じ。

都合のいい話だけど、陸に接近してきたらスピード早めて早く通り過ぎて欲しいが、それまではゆっくりと進んでもらえるとサーファー的にはありがたいかも。

今朝の千葉エリアは北寄りの弱い風

九十九里エリアでは腿腰からたまに腹くらい、一宮周辺は腰腹くらい。風はまだ弱く吹いているけど力のないヨレた波が中心。コンディション的にはイマイチ。

千葉南エリアも腿腰から腹くらい。10時頃の干潮の時間帯に近づいて割れやすくなってきたけど良くはない。

昼からの大潮の上げ込みの時間帯にすこしサイズがでるかもしれないので、その時間に少し期待したいところ。

湘南は今朝はスモールコンディション。ほぼ全域で脛膝サイズでショートには厳しい波。ロングで少し楽しめる。

今夜9時の予想天気図

今週の気圧配置 FEFE19

金曜日には台湾にかなり接近するような昨夜21時起算の週間天気図。

その後は大陸へ向かうのか、転向して九州へ向けて北東へ進んでくるのかはまだブレが大きい。他国の台風モデルでは日本に接近してくるモデルもあり、今後も動向には注視しておきたい。

次の週末は楽しめそうなサイズの波がありそうなので、金曜日には早く帰れるように明日からの仕事の段取りを考えておきたいところ。

台風情報は常に変化するので最新の情報を確認ください

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
TC Warning Graphicにて予報進路見れますhttp://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

最新情報をチェックしよう!