鴨川(マルキポイント)へのアクセス~なるべく一般道を使用(川崎→鴨川)

毎週海に通う週末サーファーは、1-2時間のドライブをして海に行くケースがほとんどかと思います。

特に関西のサーファーはコンスタントに波のあるポイントに行くにはかなりの時間のドライブが必要となり、海に入っている時間よりも運転している時間が長いことが多いです。

海に着くまでに数時間のドライブが必要となりますが、今回はそんな海への道のりについての動画を紹介したいと思います。

まず今回は私の良く行く鴨川のマルキポイントを目指して、川崎からアクアラインを通ったルートの映像です。

アクアライン→袖ヶ浦IC→R409→県道33号→県道92号→房総スカイライン→鴨川有料道路

毎週サーフィンのために海に通う生活をしていると高速代がバカになりませんので、一般道を多用しているサーファーも多いと思います。

私もそんな一人で、なるべく高速は使わないけど海には早く到着したいという感じで、一般道をメインとした道のりです。

その日によって通るルートを変えたりしますが、まず今回は袖ヶ浦ICからR409→県道33号→県道92号→房総スカイライン→鴨川有料道路というコースの紹介となります。

夜中のドライブで小雨も降る日でしたので、映像は真っ暗なものが続きあまり参考にはならないかもしれませんが、ご参考にして頂ければと。

再生速度は2倍くらいで見るのがちょうどよいと思います。

次回はこの日の帰りの映像をアップしていきます。昼間の映像なので、帰り道のほうが楽しめるかもしれません。

川崎大師付近からアクアライン

国道409号を川崎大師周辺から浮島方面へ進みます。
大師ICから高速にも乗れますが、ここは平行する国道409号を走ってもほとんど時間はかわりません。
浮島JCTよりアクアラインへ
川崎方面から海ほたるパーキングエリアまでしばらくトンネルが続きます。

アクアラインから袖ヶ浦ICで高速降りてR409を直進

海ほたるパーキングエリアから木更津方面は東京湾を橋で渡ります
昼間はとても素晴らしい景色ですが夜中だとあまりよく見えませんね。
ここでチェックするのは橋の上の風速計風向きと風速をここでざっと確認しておきます。
この日のアクアラインの橋の上では北の風が9m/sを観測、寒の戻りで北風の強い一日でした。
橋の上なので遮るものがなく強めの風速となりますが、冬型の気圧配置のときなどは、
ここの風速がどれくらいを観測しているかで冬型の強さをざっくり把握したりします。
木更津金田のICを通過して今回は袖ヶ浦ICで高速をおります
土日の場合はアクアライン通過で800円、木更津金田から袖ヶ浦までが110円なのでトータルは910円です。
袖ヶ浦ICで降りたあとは、国道16号を越えてそのまま高速沿いのR409を直進します。

R409から県道33号を抜けて上総アカデミアパーク方面へ

高速沿いのR409を更に直進します。
圏央道との交差の後すぐの交差点を左折してR409をそのまま直進。
この辺になるとあたりは真っ暗であまりよくわかりませんね。
途中R409は更に左折して続きますがここは直進、県道33号の君津平川線を進みます
この道は特に夜中は信号もほとんどつかまらず快適に走行が可能です。
上総アカデミアパークを越えてしばらく進みます

鴨川へのメインの道となる県道92号に合流

県道92号の君津鴨川線との交差点にあるセブンにて一旦休憩

房総スカイライン

セブンを出て君津鴨川線を南下し房総スカイラインへ。
この道は以前は有料道路でしたが、既に有料期間は終了しており無料で走行できる道路です。
山道となりクネクネした道が続きます。
対向車もスピードを出している場合があるので、ハイビームにしているときは小まめにロービームへ切替が必要
動物
の飛び出しなども注意が必要です。

鴨川有料道路

こちらの有料道路はついこの前の4月後半から無料区間になったばかり。
私がサーフィンをはじめた25年くらい前から有料道路でしたので、おそらく30年くらいかけて有料期間があったのだと思います。
この映像を撮影した時点ではまだ有料期間、ここで210円の通行料を支払います。
冬場になるとこの料金所付近が一番気温が低いときが多く真冬の冬型がきまっているときのここの気温はマイナス2になっていることが多いです。逆に言えばここでマイナス3度以下はまだ見たことがありません。
鴨川有料道路終点からしばらく直進して途中の天津方面とある標識を左折
マルキポイントに行くには、この途中に出てくる天津方面へのT字路を左折するのが1番早いです。
亀田総合病院の灯りがすこし見えてきました。

マルキポイントへのエントリー

東町の交差点を直進し道なりにすこし走ったところにマルキポイント駐車場への入り口があります。
到着はちょうど5時頃となりました。川崎大師付近を3時半ころにスタートしましたのでちょうど1.5時間のドライブとなります。
夜明け前に到着するとなるとかなり早起きが必要ですが、いい波に乗るためにはやはり早起きは必要です。

当日の波のコンディション

この日の波のコンディションについてはこちらを参照ください。
関連記事

今日は寒の戻り、北よりの風が強く吹き続き寒い一日に3/23 (土) 今日の波と天気概況西高東低の気圧配置となり、朝から北よりの風が各地でやや強めに吹いています。昨日までの暖かさから一転、春分の日が過ぎましたが今日は寒の戻りとなり、[…]

 

 

 

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!