五十嵐カノアが日本人として初めてCT優勝!!

  • 2019年5月25日
  • 2019年5月25日
  • Surfing

サーフィンの世界最高峰ツアーCT第3戦で歴史的な初優勝

バリのクラマスで開催中のCT第3戦”Corona Bali Protected”にて、日本人プロサーファーの五十嵐カノアが優勝しました。

CTとはサーフィンの世界チャンピオンシップツアーのことで、プロサーフィンの最高峰。

その第3戦がインドネシア バリ島のクラマスというサーフポイントにて開催されていましたが、その世界最高峰のツアーの大会にて、日本人としてはじめて21歳の五十嵐カノア選手が優勝。

これは長年サーフィンをしている方にはよくわかるかと思いますが、ホントに凄いこと。

日本サーフィンにとって歴史的な日となりました。

World Surf League

Get news, videos, photos and results from the World Surf Lea…

世界ランクも2位に浮上

五十嵐カノアは2019年ツアーの第2戦まで終えたところで10位のランクでクラマス入り。

日本人サーファーとしてチャンピオンシップツアーで10位以内に入っていることだけでも物凄いことなんですけど、今日の優勝で世界ランク2位まで浮上。

まだ今年のCTは序盤の第3戦なので、全11戦となる今年のツアーとしてはあと8戦ありますが、今年は年間ランクでもかなり上位に入ることが期待されます。

WSLのランキングに要注目です!

World Surf League

View World Surf League Men's Championship Tour pro surf rank…

セミファイナルではKelly Slaterに勝利

今回のCT第3戦の”Corona Bali Protected”ですが、個人的にはKelly Slaterの好調ぶりに注目していて、この大会でケリーが復活の優勝を遂げるかという観点で見ていました。

というのもこの大会でのRound 3までのケリーのライディングを見たら、全盛期のようなキレのあるサーフィンをしていたので、これは復活しての優勝がありえるんではないか?っと思っていたところです。

以下はそのケリーのライディングを見たときのツイート

WSLのサイトでも Is Kelly Slater Back ? として話題になっていたので、カノアもクォーターファイナルまで勝ち上がってきたなっというくらいで今日のライブ中継を見始めていたのですが、KellyがQFで見ごたえのあるチューブ合戦でFilipe Toledoをやぶって勝ち上がり、セミファイナルでカノアと対戦するとして非常にワクワクしながらライブ中継をみていました。

 

クォーターファイナルのKelly vs Filipe も熱いヒートとなりました

日本人サーファーとして初の快挙

今日は個人的には子供の運動会を観戦しながらのCT第3戦をiPhoneでライブ中継を観ていたので、子供の出番のときにはライブ中継は見れないヒートもあったのですが、あとからのリプレイなどみると今日のカノアは圧巻のライディングを見せてくれてました。

ビーチには日の丸を持って応援する人も多数いて、WSLのライブ中継でも度々その日の丸が写しだされてました。

日の丸を背負った日本人サーファーが世界最高峰のCTにて優勝する瞬間をライブ中継で見れたことは、、、
私的にはとても印象的な忘れられないシーンとなりました。

というのも、

25年くらい前にサーフィンをはじめたころ、その当時はCTの前身となるWCTというツアーがあり、日本でも毎年初夏には勝浦の部原にて丸井プロという大会が開催されていました。

すでにKelly Slaterは若手ながらもランキングはトップ10入りしていたり丸井プロでも優勝していたりしていたのですが、日本人サーファーでそのツアーに参加しているサーファーはいませんでした。

ワイルドカードなどで出場したタイミングで勝ち上がったりというシーンは何度もありましたけど、そこから20年経過しても日本人サーファーにとっての世界の壁は高く、CTの一つ下のツアーとなるQSが主な活躍の場となる状況がずっと続いていました。

カノア選手はたしか2016年からCTのツアーに参戦するようになり、アメリカと日本の2つの市民権を持っていましたが当時はアメリカ人として参戦。その後、2018年のCTからは日本人としてCTに参戦することになり、日本人として初めてのCTサーファーが誕生したことになります。

CTというプロサーフィンの最高峰のツアーに日本人選手が参加していること自体がすごいことですが、今回はその大会で優勝を果たしたということで、WCTの時代からプロサーフィンを観てきた方たちにとっても、忘れられない日になったのではないかと思います。

東京オリンピックがより楽しみに!

来年の夏に志田下で開催される東京オリンピックのサーフィンにおいても、五十嵐カノア選手の出表と活躍が非常に楽しみになってきました。

まだ出場する選手は決まった訳ではないですけど、カノア選手は日本チームとしては大本命。

先ほども書いたとおり、カノア選手は生粋の日本人サーファーという訳ではないですけど、日本人サーファーとして、日の丸を背負う選手として世界最高峰のサーフィンツアーに参戦し、今回初優勝を成し遂げました。

最近ではVISAからのスポンサーも受けて絶好調のカノア選手、来年の志田下での金メダルを期待したいです。

最新情報をチェックしよう!