千葉南も水がキンキンに冷たい・・・今週末はまた西~南西の風が強く吹きそう【2021.2.19】

この週末もまたまた西~南西の風が強く吹きそうです。

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月19日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今週月曜の冬の嵐の通過から
始まった西南西の強い風によって、

千葉南エリアでも
水温がかなり低下しています・・・

そしてこの週末も
またもや西~南西の風が強く続きそうなので
水温が低い状態は続きます。

悩ましいポイント選びの
週末となりそうですが、

南へ向かう際にも
ブーツ・グローブは
持参したほうが良さそうです。

 

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

西風はだいぶ落ち着いてきましたはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月18日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。月曜から水曜いっぱいまでのこ[…]

西風落ち着いてきた
このブログでは、
日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝は、
カムチャッカ半島では
低気圧が発達した状態が
続いていますが、

西から高気圧に覆われてきて
等圧線の間隔も
だいぶ広くなってきました。

今週はじめから続いていた
強い西風もおさまってきており
今朝は久しぶりに
風の弱い朝です。

衛星画像からも
冬型の気圧配置がだいぶ緩んできた
様子がみてとれます。

日本海側の雪も
おさまってきそうですね

衛星画像

今朝は8時の気温を
掲載しています。

昨日程の冷え込みはなく
千葉南部でも5度くらいと
そこまで冷え込みは
厳しくありません。

アメダス気温

こちらはアメダス風向風速。

全体的に見ると
不安定な風向にもなっていますが
ここ数日と比べれば
風の弱い朝を迎えています。

アメダス風向風速

石廊崎の波浪観測データです。

冬型の気圧配置が
続いていたことにより、
東海道沖からの西うねりが
湘南や千葉南エリアには
反応が続いています。

今朝の波高も
1mはキープしているようですが
既に御前崎灯台の風は
弱くなってきており
西うねりはサイズダウン傾向です

石廊崎の波浪観測データ

そして
はるか南海上に発生した
台風1号ですが、

それほど発達はしないまま
ゆっくり西へと進み
これからフィリピン方向へと
進んでいきます。

台風1号

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/19
日の出:06:20 / 日の入:17:25
小潮
満潮:08:23(122cm) / 21:47(93cm)
干潮:02:04(63cm) / 15:30(45cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/19
日の出:06:23 / 日の入:17:27
小潮
満潮:08:27(124cm) / 22:12(98cm)
干潮:02:23(68cm) / 15:44(44cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • ここ数日と比べると風はおさまってきており、朝は北西~西の風。
  • 千葉南と湘南に反応していた西うねりはサイズダウン傾向
  • 千葉東も西風で南東うねりもサイズ抑えられ、やや物足りないサイズの波
  • 西うねりが残っている早い時間帯に入っておくのが良さそう

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは
北西からの弱い風。

東海道沖からの西うねりが
弱まりながらも朝は反応残り
サイズ的には
セットで腰腹くらいのブレイク。

ただ地形が深い状態は
続いており、

少しアウトでブレイクするも
すぐに手前で厚くなってしまう波で
テイクオフしても
続きません。

しばらく南西~西の風が
強く吹いたことから
千葉南エリアでも水温は
キンキンに冷えています。

ブーツは履いたほうがいいですね
グローブがあっても良いでしょう。

2月2日に通過した低気圧により
まとまった雨は降って
一時的に海へ抜ける流れが
出来たのですが、、、

その後に続いた
強い南東からのジャンクの波
によって

インサイドの砂が更に
エグられてしまい、

波打ち際には
バックウォッシュを発生させる
くらいの砂の傾斜が
出来てしまってます。

発達した低気圧の通過だと
強いオンショアにより
サイズアップした波によって
砂が持ってかれてしまうので、、、

嵐のタイプの低気圧ではなく
沿岸部の風はそれほど強くないまま
内陸部にまとまった雨をもたらして
くれるまでは、

地形が深い状態は
続いてしまいそうです。

やはりそう考えると
梅雨前線や秋雨前線による
長雨というのは

ビーチの地形を回復するためにも
なくてはならない現象なんだと
改めて実感します。

ちょっと話がそれましたが、

千葉北エリアも
一宮周辺では腿腰サイズと
物足りないサイズになっている模様。

風は合うエリアが
多くなってきてますので
もう少しサイズがあると
いいんですけどね・・・

湘南エリア

昨日の夕方までは
風はイマイチ合わないながらも
西うねりが反応していて
遊べる時間帯のあった湘南エリア。

今朝は西うねりは
サイズダウン傾向です。

御前崎灯台の風も
午前5時前から弱くなってきており
時間の経過とともに
さらにサイズダウンとなりそうです。

御前崎灯台の風

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

こちらは昨年2020年の2月18日の波の様子です

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、
アリューシャン方面にて低気圧は
再び発達していきそうですが、

北東うねりを届けて
くれそうな等圧線の流れには
なっていません。

日本付近は
東シナ海にある高気圧が南にあり
大陸には低気圧があるという
南高北低のような感じに
なってくる予想気圧配置に。

午後は次第に
南西の風が各地で入りやすく
なってきそうです。

西うねりはサイズダウン傾向であり
午後に吹く南西の風も
中途半端な感じとなり
サイズアップにまでは至らずな感じ。

  • 南向きのポイントでは
    サイズダウンに加えて
    風の影響も出てきそう。
  • 東向きのポイントは
    風かわすも物足りないサイズが続く

こんな感じの
午後の波となりそうです。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日も引き続き
南高北低の気圧配置傾向となり

高気圧の北側で吹く
西から南西の風が
またまた強くなりそうです・・・

土日ともに
この西~南西の風が強い状態は
続きそう

冬型の気圧配置による
東海道沖からの西うねりのタイプ
ではないので、

湘南や千葉南の沿岸部でも
西~南西の風が強く吹いてしまい、

この強い風をかわす
ポイントでのみサーフィン可能な
コンディションとなりそう。

東うねりも抑えられたままなので
風の合うポイントでは
サイズは期待できないでしょう。

この週末も
悩ましいポイント選びと
なりそうです

引き続き
水温が低い状態が
続きそうなので、

ブーツやグローブは
準備していったほうが
良いでしょう。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/20
日の出:06:19 / 日の入:17:26
小潮
満潮:08:49(118cm) / -(-cm)
干潮:02:25(76cm) / 16:43(45cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/20
日の出:06:22 / 日の入:17:28
小潮
満潮:08:48(120cm) / -(-cm)
干潮:02:43(81cm) / 16:52(45cm)

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.19

2/19 9:00日本付近は北日本と東日本中心の冬型、関東には等圧線が縦に走り千葉では北からの風が強めに吹いている一昨日吹いた春一番による南からのウネリはなくなってきて、あとはこの気圧配置でははるか東海上の高気圧からの吹き出しと冬型によ[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.19

2/19 3:00 ASAS本州付近は高気圧に覆われているが東シナ海にはこれから低気圧を伴う前線がスタンバイ中。一方アリューシャンには発達した低気圧がありその手前の東海上にも低気圧。アリューシャンの低気圧は960hpaまで発達しているが低[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.19

毎日の天気図と波情報2/19 (火) 午前3時 地上天気図と波の概況今日は二十四節気の雨水です。雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる頃となりますが、今日はまさにそんな状況。雪ではなく雨となる地点が多くなり、この[…]

OnThisDay-2020.02.19

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本海から三陸沖に抜けた低気圧はまとまりながら東から北東方向へと進み、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置へと移行してきました。昨日まで吹いていた西から南西の風は今日は[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
水がキンキンに冷たい
最新情報をチェックしよう!