10/2 FSAS24

  • 2016年10月2日
  • 2018年12月31日
  • 2016

10/2 9:00 FSAS24
前線は華中から西日本にかけてのびている
東日本にかかっていた前線は一旦不明瞭になる予報
一方、T1618は発達しながら北緯20度線を越えてくる
T1618からのウネリはまだ届かなく、東海上の高気圧からの吹き出しによる南東から東ベースのウネリがメイン
湘南は今日も腰腹サイズの南よりウネリがギリギリ残って遊べていたが、明日はもう少しサイズを下げてきそうな感じ
ギリギリのセットで腰程度が割れるくらいになりそうで、風と潮わまりがよい時間帯を狙って入るのが無難な感じ、午前中の上げこみの潮が動く時間がよさそうか
千葉は東ベースのウネリで腰腹から胸サイズが続くような感じ、北から北東ベースの風で強くはなさそうだが無難なのはやはり朝一か
月曜からT1618のウネリが反応しはじめる
南から南西ベースのウネリ
徳島の内妻、和歌山の磯ノ浦、遠州灘の各ポイント、御前崎、鎌倉、平砂浦 、この辺の反応具合を要チェック