10/13 ASAS

  • 2016年10月13日
  • 2018年9月17日
  • 2016


10/13 3:00
T1620は北東進を続け東海上で温低化へ
日本付近は大陸からの移動性高気圧に覆われる
T1620からのウネリはピークを越え昨日よりもサイズはダウン傾向で、東向きのポイントでは腰胸サイズが多い
今日も高気圧の縁辺に沿っての北東風が強めに吹きやすく朝一からコンディション的にはあまりよくない
メジャーどころでは、飯岡、御宿、鴨川、平砂浦あたりが北東風を交わしてくれるがサイズがイマイチ、やはりこんなときは鴨川のマルキで入るのが無難なところか
湘南は南東ウネリが弱まったことから鎌倉から藤沢まではサイズダウン、吉浜までいけば南東ウネリをキャッチし腰腹サイズはありそう。
フィリピンの東海上の熱帯擾乱はまだTDのまま