2018/1/3 3:00 ASAS

  • 2018年1月3日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/3 3:00 ASAS
東の海上に抜けた低気圧は974hpaまで発達し東へ15KTで進んでいる。日本付近は冬型の気圧配置が強まり日本海側は大シケ、太平洋側も北西の風がかなり強く吹き寒い一日になりそう。
今朝の千葉エリアは北西の風。千葉北エリアは風はまだ強くは吹いてないようだがこれから強めに入りそう。アリューシャンにあった低気圧からのうねりは弱まり東へ抜けた低気圧からのうねりに反応。だが昨日から北西の風が非常に強い状態が続いていて東からのうねりは抑えられ気味。昨日よりはサイズダウン傾向だが、九十九里エリアで腰腹から胸くらいあり、まだ風がないので十分楽しめそうな波がある。一宮周辺も腹胸から肩くらいありまだまだ波はあるが、これから北西の風が強く入るので今のうちに入っておいた方が良さそう。御宿から部原も腰胸くらいで大潮の満潮時間帯で割れにくいがこちらも十分サーフィン可能。鴨川から千歳エリアはすでに北西の風が強く入っている。サイズは腰腹から胸くらいあり強いオフショアであおられがちだがセットはまだまだ楽しめる。もう少し引いてきたほうがよいかも。平砂浦に反応している西の波はまだ腰くらいありそう。
湘南は西寄りの波が続いていて鎌倉エリアでは腰腹から胸くらいあり十分楽しめるサイズ。藤沢から茅ヶ崎あたりまでも腰腹くらいあり今日いっぱいは波は残りそう。御前崎沖合の西の風はまだ10m以上吹いており、今日は夕方まで波はありそうなので防寒対策しっかりして正月の海を楽しみたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

目次 1 やはり朝一の波がいい2 なぜ朝一の波がいい波なのか3 海岸での風の吹き方4 サーフィンにはオフショアがいい4.1 朝は風が弱くオフショアが吹くときが多い5 いい波に乗るために サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト やはり朝一の波がいい ボクは週末サー […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!