7/3 3:00 ASAS台風7号は中心気圧を960hpaまで下げて九州の西を北へ進んで…

  • 2018年7月3日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


7/3 3:00 ASAS 台風7号は中心気圧を960hpaまで下げて九州の西を北へ進んでいる。当初はこのまま朝鮮半島に上陸のコースと想定されたけど、サブハイの勢力が後退する傾向になってきていて台風7号は対馬海峡を通り日本海へ抜けるコースとなりそう。台風7号が日本海を通過するに従い梅雨前線も南下してくる見込みで関東では水曜から木曜にかけては梅雨空に戻りそう。 太平洋側には台風7号からのうねりが各地で反応している。 今朝の千葉エリアはやや強い南の風。千葉北エリアはこの1週間のプアーなサイズからは変化があり今朝は九十九里エリアでは腰腹から胸サイズで南風はいるけど久々な遊べるサイズ。一宮周辺は風をかわすけどうねりも入りにくいためワンサイズ下がり腿腰から腹くらい。千葉南エリアは胸肩サイズまで反応しつつ風をかわす千歳や千倉がコンディション良さそう。湘南は昨日の午後からサイズアップしてきて今朝は鎌倉から藤沢エリアでは胸肩から頭サイズ、茅ヶ崎から大磯は腹胸サイズで南風が吹いて面は乱されているけどサイズあるのでポイント選べば楽しめそう。これから更に南の風が強まりそうなのでジャンク気味になってきてしまうかも。 和歌山の磯ノ浦ではまだ肩サイズあり御前崎から伊良湖までも頭くらいのサイズがありハードなコンディションになっているポイントもあるのでカレントなどには注意したい。 南風が続いていて千葉北や茨城では水温がかなり低くなってるので、ジャージフルかせめてシーガルは持っていったほうが良さそうです。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #台風7号 #水温 #梅雨

A post shared by @ asasfsas24 on

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!