2018/1/14 3:00 ASAS

  • 2018年1月14日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/14 3:00 ASAS
日本付近は西から高気圧に覆われてきており、冬型の気圧配置は緩んできている。東日本はまだ等圧線が縦に走り北よりの風が強く吹いているところもあるが次第におさまってくる見込み。
今朝は波源がかなり乏しい気圧配置、はるか東の海上にある高気圧からの吹き出しと低気圧からの弱いうねりに多少反応しているくらい。太平洋側は全国的にプアーなコンディション。日本海側は西から落ち着きまとまりつつある状況で福岡では楽しめるポイントありそう、山陰はまとまってきていて京都から若狭湾はサイズ落ちてきているが風が合わない。
今朝の千葉エリアは北から北西の風がやや強め。飯岡から平砂浦まで今日はスモールコンディション。千葉北では一宮周辺で腿腰サイズそれ以外は膝腿くらいで物足りない。鴨川から南では和田から千歳は朝一は膝くらいだったが潮が引いてきて膝腿から腰くらいまでできるようになってきた。
湘南も全域でスネ膝サイズ、吉浜で膝腿くらいのスモールコンディション。
今日は家でゆっくりビデオでイメトレかスケボー練習日和なそんな日曜日になりそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!