2018/1/10 3:00 ASAS

  • 2018年1月10日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/10 3:00 ASAS
昨日通過した低気圧は千島近海で大規模な低圧部としてまとまり、更に発達しながら東へ移動している。
今朝もこの低気圧がもたらした南よりのうねりが残り強めの西風が吹くコンディション。
今朝の千葉エリアは西の風ところにより強く吹いている。九十九里エリアはまだ波数が多くまとまらない状況でサイズは肩頭くらい。強いカレントも残っておりもう少し落ち着くのを待ったほうが良さそう。一宮周辺は南西から西の風がストレートなオフショアとなり強い南うねりをかわしているため、昨日からサーフィン可能なコンディションが続く。今朝はサイズダウン傾向で腹胸くらいまで落ち着いてきた。御宿から部原も腰腹から胸くらいで落ち着いてきてサーフィンできそう。
鴨川から南のエリアでも昨日よりかは落ち着いてきて胸肩サイズくらい。和田エリアまではまとまりにかけてサイズあるけどコンディション的にはもう少し。千歳から千倉は風とうねりをかわして腹胸サイズでできそう。
平砂浦は西の風が今朝も強くジャンクなコンディションでクローズアウト。
湘南はまだ胸肩から頭サイズあり西から南西の風が今朝も強く入っていてジャンクなコンディション。茅ヶ崎パークや大磯など南西の風を少しでもかわせるポイントでは良くはなさそうだけどできそう。吉浜では腰腹くらいで落ち着いている。
#波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置