2/17 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月17日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

2/17 3:00 ASAS
日本海と南の海上にはそれぞれ低気圧がありやや発達しながら東へ進んでいる。
今夜には東の海上で大きな低圧部を形成し冬型の気圧配置へ。ただ今回は冬型は長続きせず日曜には西から高気圧に覆われてくる見込み。今日はこれから西寄りの風が沖合で強まり午後には西からの波が反応してくるポイントが出てきそう。風の影響が少なければ夕方にかけて楽しめるコンディションになってくるかもしれない。午後の潮の上げてくる時間帯にタイミング合わせたらよいかも。
今朝の千葉エリアは北から北西の弱い風。九十九里から一宮周辺までは腿腰から腹くらい。昨日と同じくらいのサイズで面はややボヨつき気味だけど少しできる感じ。
御宿は膝腿くらいでサイズダウン、部原は腿腰くらいあるが潮引いてくるの待ち。
鴨川から千歳までも腿腰から腹サイズ。今は引いてきたので少し良くなってきているかも。平砂浦は膝サイズでまだ反応なし。
湘南も鵠沼で膝腿くらい、他はスネ膝でショートは厳しいサイズ。御前崎沖合では0時あたりから西の風が10mをこえて継続して吹いているのでそろそろ反応が出てきそうな感じ。鎌倉エリアと平砂浦の反応具合を今日はチェック。明日はこの西の波はサイズダウン傾向で朝一まで残るかどうかは微妙な感じ。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!