5/2 3:00 ASAS

  • 2018年5月2日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

5/2 3:00 ASAS
日本の東の海上には1034hpaの高気圧がありこの縁辺流が日本へ向けて流入し続けている。東から南東のうねりがしっかりと反応していて今朝も風が弱く朝一からコンディション良さそう。腰腹から胸くらいのファンサイズが好みの方はここ数日の気圧配置になったときが狙い目となります。一方で東シナ海には低気圧と前線があり既に発達する低気圧として解析されている。明日にかけて二つ玉低気圧となり日本列島に春の嵐をもたらす。関東地方の今日も次第に風が強まる見込み。
今朝の千葉エリアは無風から弱い風。北部では濃霧となっており風がほぼない。九十九里エリアでは腰腹から胸くらい。一宮周辺は胸肩サイズで今朝はコンディションはかなり良さそう。連休の間の平日ということもあり既にかなり混雑していそうだけど、朝一からグッドコンディション。
千葉南エリアも鴨川から和田は胸肩サイズで今朝もコンディション良さそう。風も弱く面も整ってきていて十分楽しめるコンディション。
湘南も鵠沼では少し出来るようになってきた。吉浜は南東うねりに少し反応し腰くらいで遊べるが混雑している。
西日本の東向きのポイントにも南東うねりが継続して反応していて、宮崎では腹胸サイズのファンウェイブが続いている。だけどこれから南の風が強まり荒れてくるので、注意が必要。
この低気圧が抜けた後は上空に強い寒気が入り全国的に大気の状態が不安定となる。落雷のおそれが出てきそうなので、特に4日に海に行く際は落雷に注意。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #東うねり

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

目次 1 潮の満ち引きはそもそもどうして起こるのか??2 潮汐とは何か?2.1 海面が周期的に変化する現象2.2 起潮力が潮汐を引き起こす3 月を見て潮まわりを知る3.1 太陽にも起潮力がある3.2 大潮と小潮3.3 夏と冬でも潮の引き方が異なる4 潮まわりを知っていい波にのる4.1 潮位のデータ( […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!