4/9 3:00 ASAS

  • 2018年4月9日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/9 3:00 ASAS
一昨日通過した寒冷前線からつながる低気圧はアリューシャン付近で発達し968hpa。
日本付近は南に中心を持つ高気圧に広く覆われている。南西の風が入りやすい気圧配置が続いている。
今朝の千葉エリアは弱い西ベースの風。千葉北エリアは昨日よりもサイズダウン傾向で九十九里エリアでは腿腰くらい、一宮周辺も同じくらいで力のない弱いブレイクに。
千葉南のほうが今朝はサイズあり、腰腹サイズあり昨日よりもまとまってきていてサーフィン十分できる。風が弱いいまのうちは鴨川から和田エリアは入っておいたほうが良さそう。千歳と千倉は風は合うけとサイズダウンしてきそうなので早めがいい。平砂浦は昨日の南西の風波が残っている。
湘南も南西の風波が残り腰腹くらいで朝一からサーフィン可能。でもすでに南西の風が入ってきているところもありまた面に影響がでてくる。
茨城も鹿島では腰腹くらいありサーフィン可能。南西の風で抑えられそうだが、なんとか今日も楽しめそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #南西の風

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 サーファーにとってのもうひとつの”風”2 “波”を見て“風”を感じる3 風の吹き方で波も変わる3.1 オフショア3.2 オンショア3.3 無風4 ポイントによりオフショアの向きが異なる サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとってのもうひ […]

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!