5/1 3:00 ASAS

  • 2018年5月1日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

5/1 3:00 ASAS
東の海上にある高気圧からの東うねりの反応が続いている。今朝は無風なポイントが多く昨日の南の風によりジャンク気味だったポイントも朝一から整いはじめてきている。
今朝の千葉エリアは無風から弱く不安定な風。千葉南エリアは腰腹から胸くらいのサイズで朝一から各ポイントともにコンディション良くファンウェイブが割れていた。
朝一は潮が多かったが昼にかけて引いてきて、潮の動いている時間帯は形良くブレイクするポイントも多く今朝はグッドコンディション。昼前からオンショアが入りはじめたがそれと共にサイズも少しアップしてきて夕方には鴨川マルキでは胸肩サイズまでアップしてきた。千葉北も一宮周辺では朝一からグッドコンディション。夕方も胸肩くらいまでサイズがでて十分楽しめる波だった模様。
東の海上に高気圧が同じような位置にあり今朝のように風の影響がなければ、千葉では腰腹から胸肩くらいのファンサイズで楽しめる日がある。
湘南はスモールコンディションだったが夕方には鵠沼で腿腰くらい出来るようになった模様。吉浜も東うねりに反応し腿腰から腹くらいで楽しめていた模様。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #東うねり

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!