8/21 3:00 ASAS 気圧配置と波情報〜台風19号のうねりはピーク越え、明日後半から20号のうねりが入る

  • 2018年8月21日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

8/21 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風19号は昨日朝までは動きがほぼなかったがその後動きを出しはじめ、今朝は奄美地方に接近するまでの位置に移動してきている。

今後は東シナ海に抜けて北上し朝鮮半島を指向する大回りなコースとなりそう。台風に近い沖縄奄美地方と九州は警戒が必要。

その後から追いかける台風20号は19号の東側の南よりの風に乗り木曜から金曜にかかて西日本を指向する予報。

台風20号は勢力が強まりそう

衛星画像を見ると台風19号は中心にはまだ台風の目がはっきりと見えているが比較的コンパクトに雲域はまとまっている。

それに比べて台風20号はまだまとまりはないものの規模の大きな雲域を従えており、これから発達してまとまりを見せながらかなり勢力が強まりそうな感じが見てとれる。

台風の東側に活発な雲域が現れそうであり、西日本に上陸したとしても、東海から関東地方にも警戒が必要になってくると思われる。

台風20号からのうねりは明日から

19号のうねりは弱まりながらも続き明日の後半からは20号からのうねりが反応してきそう。19号は期間通して湘南がクローズアウトするまでにはならなかったが、20号からのうねりはかなり強くなり一気にクローズになる可能性があるため、慣れてない方は十分に注意が必要。技量にあわせてポイントを選びたい。

今朝の千葉エリアはほぼ無風から弱い風

台風19号のうねりはピークを越えており、昨日よりもサイズはややダウン傾向ながらも、九十九里エリアでは胸肩サイズをキープ。ただまとまりがなくコンディションはイマイチ。一宮周辺は腹胸から肩くらいで、比較的まとまっており楽しめる波がありそう。

千葉南エリアも胸肩サイズあるが、鴨川から和田エリアはまとまりなく流れも入りコンディションはあまり良くないけどサーフィンは可能。千倉エリアの方がまとまりはある。

湘南も19号からのうねりのピークは越えたけど今朝も腹胸から肩サイズのいい波。

昨日の稲村の動画みたら空いてて胸肩サイズのクリーンないい波がだったけど、今朝も鎌倉エリアはいい波が残っている。

鵠沼から吉浜まで胸サイズはまだあるので、今日もオンショアが入る前の時間が良さそうなので、早めがいいかも。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!