8/20 3:00 ASAS 気圧配置と波情報〜台風19号のうねりでサイズは十分、台風20号が19号を追いかける

  • 2018年8月20日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


8/20 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風19号は昨日よりもやや西へ中心を移し東経は137度付近に。経度では3度程西へ移動したが北緯は25度付近でほぼ変わらず。

今夜にかけてもまだ西へ10kt程度とゆっくり移動、明日からはややスピードを上げて九州方面に向かう見込み。

台風20号は19号を追いかける

一方その後ろに控えている台風20号は勢力を強めながら19号の後を追うように北西へ移動している。明日には北緯20度付近に達する見込みで、現在の予報では西日本を指向するコースとなり台風19号との距離が近くなっていく。今週はこの2つの台風の動向には要注意、中心は西日本を指向今のところしているけど、台風の東側の地域にも大きな影響が出る可能性があります。

今朝の千葉エリアは北から北東の風。

台風19号からの南東ベースのうねりに反応して、東うねりに敏感なポイントは肩頭サイズ、飯岡や御宿などでは胸くらいのサイズ。

まだ風の影響は少ない見込みで頭サイズでホールドしクローズにはなってない。ただこれから北東の風が強く入りそうで、ジャンク気味になってくるので、うねりと風をかわす飯岡や御宿方面に向かうほうが良さそう。勝浦のリーフは自身の技量と相談してから。

千葉南エリアも肩頭サイズ。こちらも北東から東の風入りそうなので、マルキや平砂浦などが無難になりそう。

湘南も昨日と同じかややサイズアップ。鵠沼では胸肩サイズ、鎌倉エリアでも腹胸サイズあり今朝は比較的空いている。西湘方面のほうがサイズあり平塚から大磯は胸肩たまに頭くらい。吉浜は腹胸サイズで今朝もできそう。

その他エリアのうねりの反応

四国から宮崎はクローズアウト。磯の浦は腹胸サイズのファンコンディション。伊勢も肩頭サイズ。伊良湖から御前崎はクローズアウトなポイント多いけど、御前崎から静波は今朝も良さそう。伊豆は吉浜と同じ感じであまり反応してなく腹胸くらい。

茨城はまだ反応は鈍くて腹胸くらい、仙台新港は胸肩サイズのうねりが反応してきた模様。

うねりの向きとポイントの向きにより、台風のうねりの反応は様々。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!