10/2 気圧配置と波情報~台風24号のうねり残り遊べるスタート!25号のうねりは木曜から徐々に反応か

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


10/2 3:00 ASAS 地上天気図

台風24号は千島近海で温帯低気圧となりさらに北東進して再発達している。カムチャツカからアリューシャン付近で低気圧が発達する気圧配置が出てくると季節が進んだと感じる。この低気圧から前線が南西方向に向かって台風25号の北までのびている。

台風24号が残した南うねりは今朝はかなりサイズダウンしつつも、遊べるだけのサイズは残っている。台風の通過するスピードが早かったからか、今回のうねりはサイズダウンが早い。

台風25号は24号の経路をなぞる

台風25号は猛烈な台風に発達し、同じようなコースをたどる予報になってきた。東シナ海では24号よりもやや北寄りのコースをとり転向して北東進する予報。

あとは偏西風の流れ次第で日本海を北東へ進むのか、はたまた本州に直撃するコースになるのかはまだわからないが、24号と同じく北東へ向きを変えたとたんにスピード上げて一気に駆け抜けていくのではないか。

3連休の真ん中日曜日に影響が大きくなる可能性があり、今から予定を調整しておいた方が良さそう。

気象庁台風情報 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報 http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

今朝の千葉エリアは西寄りの弱い風。

台風24号のうねりはサイズダウンしつつも九十九里エリアでは腹胸サイズの程よい感じのファンコンディション。ポイント選べば十分楽しめる。

一宮周辺は昨日のオフショアで更にワンサイズ落ちて腰腹くらいのサイズだけど、コンパクトながら楽しめる波。

千葉南エリアの方がサイズ残っていて胸肩くらいありそう。昨日の南西オンショアの影響が残りまとまりがまだない感じ。千歳や千倉がまとまりは早そう。

湘南は北寄り風で鎌倉エリアでは腹胸サイズ、鵠沼から平塚までは胸肩サイズがのこりオフショアでいい波が割れている。ただオンショアが早い時間から入りそうなので今のうちに入ったほうが良さそう。

3連休は台風25号のうねりに期待

台風25号は明日にかけて北緯20度を越えてくる見込み。西日本のポイントからうねりの反応がでてくるタイミングは早ければ明日からあるかもしれない。

明日21時の予想天気図

ただ台風と本州の間には秋雨前線が停滞、台風の北上にともない前線もやや北上してくるはず。この前線によりうねりが入りにくい状況にもなるかもしれないが、土曜日には間違いなく南西うねりが反応している状況になりそう。日曜日は台風の通過により荒れた状況になりそうで、抜けた月曜の祝日には落ち着いて遊べるようになってくるかも。

前線の位置と西日本にうねりが反応するタイミング、あと台風のコースに注目して三連休の予定をたてたいところ。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!