8/29 3:00 ASAS 気圧配置と波情報~台風21号が発生、来週にかけて動向は要チェック

  • 2018年8月29日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

8/29 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

日本の南の海上には高気圧があり東海から西日本を覆っているが、関東の東には小さな低気圧がありそこから北西方向へ前線がのびている。またオホーツク海にあった高気圧は南へ張り出してきている。

南の海上では昨日台風21号が発生

今月の発生数は9個目となったが、台風21号の西には更にもう一つ台風が発生しそうな低圧部が解析されている。

台風21号はしばらく西へ進みその後北上してくる現時点での予報となっている。

来週は本州の太平洋側を指向してくる見込みであり、またこの台風の動向には注意が必要に。

今朝の千葉エリアは北から北東の風。

九十九里エリアから一宮周辺では北にある高気圧からの吹き出しの反応がよくなったのか、昨日よりワンサイズはサイズアップしていて腰腹サイズ。風もまだ弱めなので昨日に比べるとショートでも十分できるコンディション。

千葉南エリアも昨日よりややサイズ持ち直しているものの朝一は潮が多く割れにくいポイントが多い。昼にかけての引いてくるタイミングで良くなってくるかもしれない。

平砂浦は南西の波に反応をしていて腰腹サイズでコンスタントにできそうなコンディション。

湘南はワンサイズダウンして膝腿程度に。ロングやスポンジなどで楽しむのが良さそう。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!