9/17 気圧配置と波情報~台風22号と東からのうねりが十分なサイズで続く、連休最終日もエリアとポイント選べばいい波楽しめる!

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

9/17 3:00 地上解析図 / 48時間天気図

天気図には秋雨前線は消えたが日本付近は気圧の谷。前線上にあった低気圧が発達しながら北東方向へ進んでいきそう。この低気圧とそのさらに奥にある高気圧からの吹き出しが東うねりとなり千葉以北エリアには反応。これに台風22号からのうねりが入って、今朝も千葉、茨城、湘南はポイント選べば十分に楽しめる連休最終日に。

台風22号のうねりが今朝も続く!

台風22号は華南に再上陸しこれから更に大陸奥地に進み衰弱していく見込み。

湘南目線では、昨日の朝には一旦反応か鈍りサイズダウンしたが昨日午前中には再度反応してきて鎌倉エリアでは一気に頭サイズに。

今朝は少しサイズダウンしてのスタートと思いきや、今朝も頭オーバーの波が残り鵠沼や辻堂のビーチはクローズアウト。南西うねりでこのサイズ感であれば鎌倉から葉山にかけてのポイントも今日はいい波が割れているはず。

平砂浦も頭サイズありコンディション良さそう。内房も反応しているはずで、どれだけ反応しているかチェックに行きたいところ。

今朝の千葉エリアは弱い北寄りの風

台風22号からの南西まわりこみうねりと東うねりにより、今朝も十分なサイズの千葉北エリア。九十九里エリアでは胸肩から頭サイズ、一宮周辺も胸肩サイズ、御宿から部原も胸肩くらい、飯岡は腰腹から胸くらいで朝一は風も弱く十分に楽しめるコンディション。

千葉南エリアも鴨川から和田まで胸肩から頭サイズ、平砂浦も頭くらいでこちらも十分に楽しめる。

こんな時に気になるのが内房エリア、南西うねりで平砂浦が頭サイズなのと鎌倉エリアも頭オーバーあるということは内房にもうねりが反応しているはず。こんなうねりのときしか目を覚まさないポイントがたくさんあり、ポイントチェックに行きたいが今日はいけない、、、

湘南は今朝も頭オーバーのサイズが残り、鎌倉エリア中心にいい波が割れている。

あまりここで詳しくは記載できないけど、今日は鎌倉から葉山までの南西うねりに反応するポイントや、更に南下したポイントでも出来ているはず。駐車場もなくビジターがいきなり大勢でこられると大変なことにもなるので注意が必要です。

茅ヶ崎から平塚と大磯までも胸肩の十分なサイズ。吉浜は腰腹くらいとコンパクトながらできている。

サイズあるので技量に見合ったポイントで

台風22号のうねりは今日いっぱいは十分なサイズをキープしそう。

千葉エリアはこれからオンショアが強めに入る可能性あるので、風をかわしたうねりに反応するポイントをセレクトしたい。北東から東の風ベースが強まってきたら平砂浦から内房も狙える。

湘南もオンショア吹きそうだけど、さほどは強まらないようなので、技量に合わせて楽しめるポイントを選びたい。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!