9/30 気圧配置と波情報~台風24号の暴風に全国的に厳重警戒の日曜日、関東も夕方から外歩くのも危険なレベルに

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


9/30 3:00 ASAS 地上天気図

台風24号は屋久島の南にあり既に九州から四国にかけて台風本体と秋ぬ雨前線による大雨が降っている。

日本の東海上には高気圧、本州南岸には秋雨前線が停滞。

そしてはるか南の海上には台風25号が北西方向に進んでいる。

今日は台風24号が日本列島を一気に駆け抜ける見込みの全国的に厳重警戒な日曜日。

台風24号の暴風に厳重警戒

台風24号は非常に強い勢力を保ちながら屋久島の付近を北東に時速35kmとスピード早めながら北東へ進んでいる。

既に九州から四国にかけては台風本体と秋雨前線により大雨になっており、これから一気に台風が近づいてくる。

西日本では既に暴風警報が発令されている地域あり外出は危険なレベルに。

屋内でカーテンを全てしめて大人しくしているしかない。

今回のコースでは南東に開いている伊勢湾に高潮の懸念が高まっている。伊勢湾台風からはかなりの年月が経過してこれまでは大きな高潮被害は出てなかったが、今回は台風21号の大阪湾のような被害がでる可能性あり。湾岸には多数の住宅や工場、レジャー施設などがあり心配される。

気象庁台風情報 http://www.jma.go.jp/jp/typh/
米軍台風情報  http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

今朝の千葉エリアは南東の強い風

房総半島には発達した雨雲が朝一よりかかっていて一部地域では強風と土砂降りの雨。

午前9時現在は雨のエリアは東海上に抜けたが、沿岸はジャンクなオーバーヘッドでクローズアウトな状況。

これから更に台風24号からのうねりが入り、風が強くなってくる。アクアラインは午後か夕方までにはおそらく通行止めになる。今日は早く帰った方が良さそうです。

湘南は朝一は今朝はいい感じのコンディション。全域で胸肩から頭サイズでまだクローズしてない状況。風も北寄りでオフショアとなり朝一はいい波でかなり混んでいる模様。

ただもうそろそろ海から上がったほうが良さそう。既にセットはハードになってきていて、これから南の風にシフトし暴風になってくる。強いカレントが発生して危険な状況になります。午後は海には近づかないように、無理して入るコンディションではなくなるはずです。

明日の朝は首都圏の交通に影響あり

台風24号は明日の朝には東北地方まで到達し、千島列島まで進み温帯低気圧となり再度発達していく見込み。

暴風により線路に障害物が散乱して運行できないとか、車が横転して通行できないなど、交通にも大きな影響が出そう。

西日本では既に今日は鉄道や百貨店などは運休や休業を決めているところがある。

外出を抑制し安全を確保するためにも、このような動きは必要だと思う。

明日1日21時の予想天気図

海も大荒れな状況が続き明日の朝も海はまだ入らないようにしたい。南西の風がまだ強くなりそうで、夕方には南西がオフショアとなるポイントから出来るようになってくるかもしれないが、無理しないように注意したい。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!