【2018.1.31】東へ遠ざかる低気圧からの東ベースのうねりに弱めに反応

  • 2018年1月31日
  • 2019年1月25日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


1/31 3:00 ASAS

日本付近は冬型の気圧配置が緩んできており、オホーツク海とはるか東の海上には低気圧がある。

今夜には九州の南に南岸低気圧が発生し明日夜から明後日早朝にかけては関東の南の海上を東進する見込み。

先週の低気圧のコースよりも南を通過しそうな感じか、コースと発達度合いからは前回のような大雪と積雪にはならないのではないかと思うが、雪の用心はしておいた方が良さそう。

今朝の千葉エリアは北西の弱い風。

東へ遠ざかる低気圧からの東ベースのうねりが弱めに反応している。

九十九里エリアでは北部に行くほどサイズ小さくなる傾向ながら片貝周辺では昨日と同じくらいの腰腹サイズをキープし今朝も遊べるコンディション。

一宮周辺も腰腹からたまに胸くらいで風もよく程よいサイズ感で今朝も楽しめそう。御宿と部原も腰腹くらい。

鴨川から千倉までも風がの影響はほとんどなくクリーンなコンディションの腰腹から胸くらい。潮が引いてきた方が良さそうだけど、ポイント選べば十分楽しめる感じ。

湘南は今朝はスモールコンディション。スネ膝サイズが中心で西湘の一部では膝腿でやっとできるかどうか。

低気圧が抜けたあとに南うねりが今回は入りそうな感じか、うねり入るタイミングに上手く合わせて海に入りたい。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!