11/2 気圧配置と波情報~湘南の南西うねりは今日まで、千葉は明日から北東うねりが反応しそう

※19時更新

明日の朝は北東うねりはまだ反応なさそうな感じですね。ただ北東がオンショアとなる一宮周辺や鹿嶋などが比較的サイズもありそうなので、このエリアの朝一をねらうのもいいかもしれません。

11/2 3:00 地上天気図と波の概況

冬型の気圧配置は緩んできており西から高気圧に覆われてきています。

アリューシャン付近の低気圧は974hpaまで発達しており北東うねりが日本へ届きそうな気圧配置が続いています。

台風26号は南シナ海でまだ台風としての性質を維持しながら北にゆっくりと進んでいます。この台風からの南西うねりがまだ弱く反応があり、湘南ではこの1週間はコンパクトなサイズながらも波のある日が続きました。

関連記事

サーフィン中に怪我をするケースとはサーフィンを長いことやっていると1度や2度ではおさまらないくらい怪我をすることはよくあることです。サーフィン中に怪我をしてしまうケースはいろんなパターンがありますが、大きく分けて、人が相[…]

今朝の千葉エリアは北西の弱い風

かなり冷え込むようになってきました。

千葉では今朝の日の出が6時ちょうどくらいでだいぶ日の出が遅くなりました。これから1月上旬にかけてあと50分程日の出が遅くなっていきます。

千葉北エリアでは物足りないサイズなコンディションが続いています。昨日と同じくらいで膝腿から腰くらいの力のないブレイクが中心です。アリューシャン付近の低気圧からの北東うねりはまだ反応していません。一宮周辺も腿腰サイズで少しできるくらい。

千葉南エリアも変わらず腿腰サイズ、風は合いますがサイズもう少し欲しいところ。

平砂浦もサイズダウンして膝腿のスモールコンディションになりました。

湘南はややサイズダウンながらも遊べる波はありそう

昨日よりもサイズダウン傾向ながらポイント選べば腿腰から腹くらいのサイズが残り、何とか遊べる波はありそうです。この1週間続いた台風26号からの南西うねりで遊べるのもおそらく今日まで。

今日も午前中に入っておいた方が良さそうです。

明日から北東うねりの反応が期待できる!

今夜9時の予想天気図

日本付近は帯状の高気圧に覆われてこの週末は行楽日和。

アリューシャン付近の低気圧が更に発達して958hpaまで中心気圧を下げてきます。

等圧線が非常に混んだ状況となり、この周辺で風波が発達し日本へむけてうねりとしてやってきます。

千葉エリアでは千葉北エリア中心に北東うねりが反応してサイズに変化が出てくる見込み。明日の朝一から反応しているかどうかは微妙なところなので、今日のサイズ変化をよく気にしておきたいところ。

湘南は北東うねりは入りにくく逆にサイズダウンが進む見込み。

明日夜9時の予想天気図

引き続き日本付近は帯状の高気圧に覆われます。アリューシャン付近の低気圧はピークを越えてやや勢力は落とす見込みですが、それ以前に発達した北東うねりは日曜にはしっかり反応してサイズアップしてのスタートとなりそうかと思います。土曜日の状況よく見てポイント選びたいところです。

週間予報を見るとこの帯状の高気圧に覆われる状態が少し続きそうです。天気はいい日が続きそうです。