2018/11/29 地上天気図と波情報~南海上の低気圧にむけて北風が強く吹く、今夜にかけて冬型の気圧配置へ

  • 2018年11月29日
  • 2019年6月15日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


11/29 3:00 地上天気図と波の概況

昨日の予想天気図どおり関東の南海上には前線を伴った低気圧が東進しています。

昨日の朝時点で予想された天気の崩れは少なく、関東地方はすでに晴れのエリアが広がってきています。

ただ今日は低気圧に吹き込む北から北東よりの風が強く吹く予報。昨日よりも体感温度は低くなりそうなので服装には気をつけた方が良さそうです。

明日にかけては冬型の気圧配置が強まってきます。

今朝の千葉エリアは強い北の風

はるか東海上にある高気圧からの東うねりが弱く反応している程度で昨日よりサイズダウンしています。

南海上を通過する低気圧にむけて北寄りの風が強く吹いていてすでに影響が出ています。

九十九里エリアでは腿腰からたまに腹くらいで横からの風が強くイマイチなコンディションになってます。サイズ小さいながらも片貝周辺でテイクオフの早いボードで入るのが良さそうな感じ。

一宮周辺は腰腹から胸くらいですが北の風でかなり荒れてきています。

北の風かわす御宿や飯岡はサイズ物足りません。

千葉南エリアも昨日よりサイズ下がり膝腿から腰くらいで風も強く入り冴えないコンディション。鴨川マルキは面はクリーンですがこれから潮の多い時間帯にはいり夕方まであまり期待できなさそうです。

湘南も今朝はスモールコンディションの脛膝サイズ。南海上を通過する低気圧からのうねりの反応はまだないですが遅い時間になってすこし変化あるかもしれません。

低気圧からのうねりが遅れて反応してくるか?

今夜9時の予想天気図

低気圧は東海上へ抜けて日本付近は冬型の気圧配置に。今日は北風が強めに吹き続けそうです。

熱帯低気圧の北側に発生した低気圧だったので、今日はもう少し反応あるかと思いましたが、今回の低気圧は遅れてうねりが反応してくるパターンかもしれません。

明日金曜夜の予想天気図

冬型の気圧配置は緩み高気圧に覆われてきます。東海上へ抜けた低気圧から遅れてうねりが反応してくるかもしれません。湘南でもショートで出来るくらいまでサイズは出てきそうな感じです。

来週はかなり暖かくなりそう⁈

週間予報を見ていると全国的に2日からこの時期としてはかなりの高温傾向となりそうです。服の調節と体調管理にはご留意ください。東日本の暖かさのピークは4日の火曜日になりそうです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!