11/16 地上天気図と波情報~千葉は東うねりが反応して遊べるサイズをキープ、風の予報が不安定なので明日も朝一狙いが良さそう

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

20:30更新

今日も日中は北東の風が入りコンディションに影響したポイントもありました。明日も同じようなパターンになりそうなので、サイズのあるポイントでは朝一狙いが良さそうです。今日は早く寝て明日は6時前くらいをターゲットに海へ向かいましょう。

11/16 3:00 地上天気図と波の概況

本州付近は高気圧後面に差し掛かり西から天気は下り坂になりそうですが、本州南岸を通過する予想だった低気圧はそれほど発達しなさそうな予報に?ここ1週間は予報のブレが大きく予報が都度変わる傾向になっています。

大陸方面を見てみればシベリアの高気圧は1046hpaまで発達してきておりこれからは偏西風の蛇行具合により寒気が放出される季節となっていきます。

アリューシャン付近の低気圧も発達しており、この低気圧からの北東うねりが少し反応してきそうな感じです。ただベースは東海上の高気圧からの東うねりとなります。

今朝の千葉エリアは北西から北の風

昨日は風の影響はそこまで強くならないと想定していたのですが、午後から北東の風が強まりコンディションに影響してしまいました。今朝はオフショアベースの風が吹いてますが昨日の北東の風の影響が残り面はまとまりきらない状況のようです。

九十九里エリアでは腰腹から胸くらい、片貝周辺が比較的面はまとまってコンディション良さそうです。

一宮周辺では腹胸から肩くらいのサイズあり面はヨレヨレな感じですがサイズあるのでポイント選んで楽しむ感じです。

飯岡周辺や勝浦エリアではサイズ抑えられて腿腰くらいのやや物足りない感じ。

千葉南エリアでは腰腹から胸くらい、こちらも面はまとまりきらないポイントが多いですが遊べるサイズはあるので、選べば楽しめそうです。

湘南は西湘エリアから吉浜では東うねりに弱く反応して腰くらいのサイズありますが、物足りないコンディションが続きます。

土曜日も千葉は遊べるサイズがありそう

今夜9時の予想天気図

高気圧は東海上へ抜けて東シナ海にある前線には低気圧が発生する見込み。この低気圧が発達して本州を東進するという予報でしたが、さほど発達しなさそうな予報となり天気図に解析されるかされないか微妙なくらいな状況になってきました。

明日土曜夜9時の予想天気図

西から別の高気圧に覆われてきていて南海上にある前線には低気圧は解析されていません。関東地方は雨の予報でしたが土曜日いっぱいは天気は良さそうな感じになってきています。

東海上へ抜けた高気圧からの東うねりの反応は続きそうで、千葉エリアは今日と同じくらいのサイズはキープしそうです。あとは風次第となるのですが、明日もそれほど強くはならない見込みなんですが、また日中は北東よりに振れて強まるところも出てくるかもしれません。なのでやはり朝一を狙うのが良さそうです

。ここ最近の朝一は北西ベースの風となりさほど強まっていないので、明日の朝は今日よりも面はまとまってきていそうなので、早起きして6時前にはポイントに到着したいところです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!