11/15 地上天気図と波情報~風はおさまり程よいサイズで遊べるコンディション、明日も東うねりで楽しめそう

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


13:00更新

北東の風が朝より強くなってコンディションはダウン傾向になってしまいました。。。こんな強くならないと思ってたのですが、北東の風を軽減できる片貝周辺ポイントでは多少できているようです。

 

11/15 3:00 地上天気図と波の概況

東海上の低気圧は遠ざかり代わって西から高気圧に覆われてきています。朝は等圧線が縦にはしり一時的に冬型の気圧配置ですが次第に高気圧に覆われて風も弱くなる見込みです。朝は放射冷却がきくようになり、東京は10度を下回る気温で寒い朝となりました。

北東の風波は落ち着く傾向となり、風の影響も昨日よりは少なくなって、サイズはやや物足りなくなってきそうですが今日も千葉エリアはポイント選べば晴れて楽しめそうです。

今朝の千葉エリアは北から北西の風

朝一はオフショアベースの西成分が入った風で概ね風は合っている状況です。

北東の風波は今朝は落ち着く傾向となり、九十九里エリアでは腰腹から胸くらいで手頃なサイズで楽しめそうな感じ。飯岡まで行くとサイズ少し下がりますが片貝から椎名内あたりまでは今日はそこそこ楽しめそうです。

一宮周辺では腰腹から胸くらいありますが、昨日の北東の風の影響が残り面はまだ整わない感じですが、今日は次第に整ってコンディションも上向いてくると思います。

千葉南エリアも腰腹から胸くらいで、千倉は一宮と同じくまだ面がヨレヨレなので後半の方が良いかもしれません。鴨川から和田までのエリアは遊べるサイズはあり、ポイント選べば楽しめそうです。

湘南は吉浜では東うねりが反応していて腰くらいのサイズありますが、他エリアでは概ねスモールコンディションです。

土曜日も東うねりは続きそう、朝一から入るのが無難

今夜9時の予想天気図

日本付近はすっぽり高気圧に覆われてくる見込みです。

明日金曜夜9時の予想天気図

高気圧は東の海上へ抜けて東シナ海には週末に通過する見込みの低気圧の元ネタとなる前線がスタンバイしています。

東へ抜けた高気圧からの東うねりの反応でサイズはありそうで風の影響も大きくはなさそうです。

週間予報天気図

土曜日には本州を低気圧が東進していく見込みです。東うねりは続きそうですが低気圧による風が微妙な感じなので、朝一を狙ったほうが良さそうな感じです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!