11/17 地上天気図と波情報~弱いオフショアのファンサイズで多くのポイントで楽しめる!

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

11/17 3:00 地上天気図と波の概況

移動性の高気圧は東海上へ抜けて引き続き東よりのうねりをもたらしてくれています。サハリン付近に中心のある低気圧から前線が南北にのびていますが、関東地方までは影響はなさそう。

今日も千葉エリアには東うねりの反応が続き朝一からファンコンディションとなっています。ここ最近のパターンとして午後にかけて北東の風が強まる傾向にあり、今日も昼過ぎからまだ弱いものの北東の風が入るようになってきましたが、このまま弱いままの可能性もあります。

夜明け頃の千葉南は弱い雨が降ってましたが天気は回復し気温も上がってきました。千葉南エリアはまだまだジャージフルでも全然快適で天気もよく風も弱くて、サーフィン楽しめる一日です。

今朝の千葉エリアは弱い北西ベースの風

今朝もうねりに敏感なポイントでは腰腹から胸くらいで遊べるスタート。朝一は西から北西ベースの弱い風で、千葉のポイントのほとんどがオフショアになる風。

九十九里エリアでは片貝周辺で腰腹から胸くらいの面はかなりクリーンな面ツルなコンディション。サイズもファンサイズで十分楽しめるコンディション。

一宮周辺も朝一から腹胸サイズのオフショアでコンディション良さそう。昼過ぎになってやや北よりの成分が入った風になってきましたが、まだコンディションには影響なく引き続き遊べるコンディションです。

千葉南エリアも夜明け頃には弱い雨が降ってましたが日が上がるにつれ天気も回復。秋らしい雲をながめながら程よい腹胸サイズのクリーンなコンディションで十分楽しめています。

昼過ぎたころから北東の風が入ってきましたが、鴨川マルキでは夕方まで十分楽しめる波が続きそうです。

湘南は東うねりに反応しにくく、西湘から鎌倉までサイズあるところで膝腿くらいのスモールコンディション。吉浜まで行けば腿腰くらいサイズはありそうですがブレイクはイマイチのようです。

明日も北東の風を気にしながらも朝一狙いが良さそう

今夜9時の予想天気図

東海上の高気圧は更に東へ移動し西から次の高気圧に覆われてきます。明日も大きな天気の崩れはなく関東地方は晴れベースになりそうです。

明日日曜夜の予想天気図

高気圧に覆われてますが明日も北東の風が吹きやすい気圧配置に。

朝一は風の影響少なそうなので早めに入るか北東の風を軽減できるポイントに行くかした方が比較的良さそうです。

うねりの反応は今日と同じくらいはキープしそうなので、北東吹いてきたら片貝周辺か鴨川などが無難な感じですが、鴨川マルキは明日はエリア規制入りそうです。

もう少しサイズ反応出てきたら飯岡周辺や勝浦エリアでも楽しめるようになりそうです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!