11/23 地上天気図と波情報~冬型の気圧配置で強い北よりの風、昨日までの東うねりはダウン傾向

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


11/23 3:00 地上天気図と波の概況

勤労感謝の日の三連休初日の金曜日です。

低気圧は東海上へ抜けて西高東低の冬型の気圧配置となり北よりの風が強く吹き寒い朝を迎えました。

東海上では低気圧に向けて北西から西寄りの風が強く吹き、昨日までの東から南東ベースのうねりは抑えられてサイズダウン傾向となっています。

午後にかけても北西よりの風は強く吹き続けそうです。

南シナ海で台風29号も発生

台風28号はゆっくり北上しており、昨夜には南シナ海で台風29号が発生しました。

台風28号は955hpaまで発達していますが、まだ北緯20度までは到達せずこの三連休中にははっきりとしたうねりとしては反応しないかもしれません。月曜日以降には少し変化が見られるかもしれません。

今朝の千葉エリアは強い北から北西の風

昨日反応がよくなり胸肩から頭くらいのサイズがあった千葉エリアですが、今朝は冬型の気圧配置による北西ベースの風で東うねりは抑えられてサイズダウン傾向です。

九十九里エリアでは片貝周辺で腰腹くらい、一宮周辺で腰腹からたまに胸くらいのサイズはあります。北ベースの風なので一宮周辺はサイドの風となり片貝から北のポイントの方が風は軽減できる感じです。

昨日は御宿や飯岡でも十分楽しめるサイズありましたが、今朝は物足りないサイズになってしまいました。

千葉南エリアも北の風が強く入った腰腹サイズ、オフからサイドオフとなり風は軽減しやすいエリアですが、風が強くてコンディション的にはあまり良くはなさそうです。

湘南は腿腰くらいのサイズは残っていてインサイドで少しできるくらいのコンディション。潮が引いているうちに入っておいた方がよいかと思います。

明日は風が北東に振れて強く吹きそう

今夜9時の予想天気図

高気圧に覆われてきます。アリューシャン付近にまで移動した低気圧は猛烈に発達して中心気圧は台風よりも深まります。

明日土曜日夜9時の予想天気図

アリューシャン付近の低気圧は引き続き猛発達しており等圧線の間隔も狭い状況ですが、日本付近へ向けてのうねりの向きは定まらない感じです。

土曜日は高気圧に広く覆われますが、北東の風が強く吹きそうです。アリューシャン付近の低気圧からのうねりの反応はあまり期待できず、今日と同じかややサイズダウンして北東にの影響がでるコンディションとなりそうです。

台風28号からのうねりは日曜日後半からすこし変化があるかどうかでしょうか。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!