8/26 3:00 ASAS 気圧配置と波情報~強い南風はおさまるも千葉は物足りないサイズに、水温下がってるのでウエット必要

  • 2018年8月26日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

東日本から西日本は熱中症に要注意

昨日北海道付近にあった前線は東北まで南下し停滞している。太平洋高気圧の中心が日本の南の海上にまで移動してきており、東日本から西日本は猛暑が戻り今日はまた危険なレベルの暑さとなりそう。地域によっては40度を越える危険な暑さになりそうなので熱中症には注意が必要に。

太平洋高気圧の位置が西に偏ってきているので千葉茨城にはうねりが入りにくい気圧配置。

今朝の千葉エリアは弱い南の風。

昨日まで吹いた南からの強い風はおさまったのとともに風波もサイズダウン。

九十九里エリアでは膝腿から腰くらいの力のないブレイクが中心。ショートだと物足りない波でロングかスポンジがあれば少し楽しめるかも。一宮周辺も更にサイズダウンして膝腿くらい。千葉北エリアは昨日までの強い南の風により水温が下がってるのでスプリングは持って行った方が安心。

千葉南エリアも弱い南西の風で和田の一部では腿腰くらいある模様だけど、千葉北と同じく今朝は物足りない。南西の風波をダイレクトに受ける平砂浦のほうがサイズ残り腰腹くらいあり出来そうだけど、サイズダウンしてくるので早めが無難。

湘南も昨日までの風波が少し残り、鵠沼では腿腰から腹くらい、10時の干潮にむけて潮が動いてすこし良くなってきたのかも。午後は風が入り面は乱されてくる見込みだけど、午後の潮の上げ込みで少しできるかもしれない。

今日は伊豆から西のエリアと日本海が良さそう

茨城は鹿嶋と河原子で腿腰くらい、大洗は膝腿くらいとスモールコンディション。

伊豆は多々戸浜で腰腹から胸くらいで良さそう。舞阪までいけば南西のうねりが反応して胸肩サイズあり。伊良湖も同じく胸肩から頭くらい。

伊勢の国府浜は南うねり入りにくいので腿くらい、南張やジャンは南うねりひろうので潮が引くと腰腹から胸くらいでできるはず。

磯の浦は南うねり反応するので腿腰から腹くらい、磯の浦で腰腹くらいあれば御坊のポイントでも十分楽しめているはず。干潮時は岩に注意。

四国の内妻も腹胸サイズあり、生見も腹胸で出来そう。中村エリアも南東うねりとなり今朝は良さそうな感じ。

宮崎も南東うねりとなり胸肩サイズで十分できる。

日本海側は北海道付近にあった低気圧からの北からのうねりが入り、京都の八丁浜では胸肩のいい波に。鳥取から島根のポイントも今朝は十分楽しめそうな波ありそう。福井の三国も胸肩サイズありサーフィン可能。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!