2018/11/30 低気圧からの南東うねりが遅れて反応し湘南でも腰腹サイズ、週末は期待薄な感じか

  • 2018年11月30日
  • 2019年6月15日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

11/30 3:00 地上天気図と波の概況

南海上を通過した低気圧は東へ抜けて西から高気圧に覆われてきています。

北日本が中心の弱い冬型の気圧配置です。

通過した低気圧からの南から南東のうねりが遅れて少し反応しているようです。

今朝の千葉エリアは北西の風

オフショアベースの風ですが、昨日午後には北東の風がかなり強めに吹いたため今朝もその影響が残っている模様。

はるか東海上の高気圧からの東うねりと低気圧が残した南よりのうねりが弱く反応している模様。

九十九里エリアでは腰腹から胸くらい、一宮周辺でも同じくらいのサイズがあり、オフショアベースの風でサーフィンは可能。面はまだ整ってないようですが、遊べるだけのサイズはあるので今日も北東の風が入る前に入っておいた方が良さそうです。

千葉南エリアは北西の風が強く吹いているようですが腰腹から胸くらいサイズあります。南からのうねりが入っているためか、切れた波は少なそうですが、ポイント選べば十分できるコンディションです。

湘南も遅れて南うねりが少し反応している模様。鵠沼で腿腰くらい、西湘エリアは腰腹くらい、吉浜も腰腹くらいあり南東よりのうねりとして反応しているようです。

この週末の首都圏は良く晴れそうだけど波は期待薄か

今夜9時の予想天気図

高気圧にすっぽり覆われてきています。低気圧が残した南うねりは弱まっていきそうです。

明日土曜夜9時の予想天気図

高気圧に覆われてますが、東海上に低気圧があり北寄りの風が強めに入りそうです。

千葉は物足りないながらもサーフィンできるサイズはありそうですが、風の影響が少なそうな朝一に入るのが無難な感じ。北寄りの風を軽減するポイントはうねりが弱くなるため、片貝周辺か鴨川周辺が比較的良いかもしれません。

湘南はサイズダウンしてスモールコンディションになりそう

週間予報天気図

日曜日も高気圧に覆われそうです。うねりは弱い状態が続きそうです。土曜日にサイズ残っているポイントの朝一狙いが比較的良いかもしれません。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!