南東うねりが反応して今日は1日楽しめそう!この週末は湘南も西うねりの反応に期待!!(181207)

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

12/7 3:00 地上天気図と波情報

今日の暦は大雪。立冬から30日が過ぎて本格的な冬の到来が始まる頃とされています。

暦どおり明日からは沖縄を除いた全国的に強い寒気にすっぽり覆われて真冬の寒さになっていきます。

東の海上と日本海にはそれぞれ低気圧があり、日本列島を挟み込みながら北東方向へ進んでいます。

昨日は千葉エリアでは南東ベースのうねりの反応が良くなったのか、昨日昼過ぎから大きくサイズアップしてきました。

今朝も東海上の高気圧や北東へ進んだ低気圧からの東から南東うねりの反応があり、千葉エリアではサイズはしっかりあります。

今日は朝のうちは雲が多いものの昼からは晴れ間が優勢となり昨日より気温も上がってきそうです。

今朝の千葉エリアは北西から西日本の風

はるか東海上の高気圧と北東へ進む低気圧からの南東ベースのうねりがしっかりと反応しており、昨日よりも落ち着いてきて今朝はコンディション良さそうです。

九十九里エリアでは片貝周辺で胸肩サイズで北西の風で波がまとまっていい波入ってきているようです!

一宮周辺でも胸肩から頭くらいで西の風オフショアで昨日よりもまとまってこちらもいい波。

部原も腹胸サイズでコンディション良さそう。飯岡や御宿はサイズすこし落ちますがまったり楽しめそうです。

千葉南エリアも腹胸から肩くらいのサイズで鴨川から千倉までなかなかのコンディションになっています。

湘南にも南東ベースのうねりが入ってきており鵠沼では腿腰くらい、西に行くとサイズ反応よくなり吉浜では腰腹くらいで今朝も出来そうな感じです。

茨城エリアでは大洗から鹿嶋まではまだハードな頭オーバーのコンディションでもう少し落ち着くのを待ったほうが良さそうか。

仙台新港も胸肩サイズまでアップしてオフショアで楽しめてそうです。

湘南以西の太平洋側のポイントにも南東ベースのうねりが反応していて、昨日は御前崎から伊良湖までは腰腹サイズ、伊勢エリアも腰腹くらいありましたが今朝はワンサイズダウンな状況。

磯ノ浦はうねりが合わずにフラット。

生見もうねりが少し入りにくいのか、膝腿くらいのスモールコンディション。

宮崎は腹胸くらいのファンコンディションになっている模様です。

日本海側も昨日の夕方は鳥取から京丹後エリアにかけてはいい波になっていた模様ですが

今朝は西の風強まってきて胸肩くらいのサイズで波数増えてややハードになっている模様です。

週末の朝一は防寒対策をしっかりとしていきましょう

今夜9時の予想天気図

二つの低気圧は千島近海へ移動して日本付近は冬型の気圧配置になります。

等圧線が縦にはしり北寄りの風が強く吹いてきます。

明日も千葉エリアには東から南東ベースの波は残り風の合うポイントでは楽しめそうです。ただ次第に西寄りの風となりうねりは抑えられる傾向にあるので、サイズ求めるなら早めに入ったほうが良さそうです。

明日土曜夜9時の予想天気図

冬型の気圧配置が続きます。御前崎沖合では西の風が強まってきているはずで、土曜日から湘南でも西からの波の反応がすこし出てサイズアップしてきそうな感じ。

日曜の朝一はサイズアップした波が残り北からのオフショアで整えられてコンディション良くなりそうです。湘南は日曜のほうが良いかもしれません。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!