【2019.7.24】南海上に熱帯低気圧が発生しそう、週末に南東うねり強まるかも⁈

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 千葉は東うねりが続く

午前3時の実況天気図 ASAS

日本の上空には寒気が入った状態が続いており、台風が梅雨前線を押し上げた後もすっきりしない天気が続いています。

今朝も房総半島付近には上空の寒気に対応した低気圧が解析されており、今日も一日大気の状態が不安定な状況に。

南西諸島付近に中心のある高気圧からの南西から西よりの暖かい風が下層には入り、上空には冷たい空気という構図。
これにより空気の上下の流れが発生し、所々で雨雲が発達していきます。

今日は全国的に激しい雨や雷に注意が必要です。

今夜の予想天気図をみると、南海上に熱帯低気圧がいきなり発生?

梅雨明けはもうすぐなのは間違いないのですが、不安定な要素がこれだけ揃っているので気象庁が梅雨明けに踏み切るか、注目です。

今日のツイッター波情報

千葉や茨城は東うねりの反応が続いてます。

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは北よりの風が弱めに吹いてます。
はるか東海上にある勢力の強い高気圧からの東から南東のうねりが千葉以北の太平洋側に反応しています。

一宮周辺では胸肩くらいのサイズが反応、九十九里エリアでも腰腹から胸くらいのサイズがあり、ポイントによっては出来るコンディションです。

千葉南エリアも東よりのうねりで腹胸くらいのサイズで、こちらもポイントによっては遊べるコンディション。

湘南は東うねりなので膝くらいのインサイドよりのブレイク、物足りない状況が続いています。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 千葉エリアは濃霧のスタート午前3時の実況天気図 ASAS関東地方はすっきりしない天気が今日も続きます。地上天気図上では梅雨前線も描かれなくなり高気圧に覆われているようにも見えますが、上空の寒気や[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/24
日の出:04:42 / 日の入:18:51
小潮
満潮:08時29分(113cm) / 21時21分(129cm)
干潮:02時57分(71cm) / 14時38分(59cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/24
日の出:04:44 / 日の入:18:53
小潮
満潮:08時45分(114cm) / 21時35分(133cm)
干潮:03時26分(75cm) / 14時52分(62cm)

今日の注意事項は、、、

今日は海の中では雷に注意が必要です。

かなり広範囲で大気の状態が不安定となりますので、どこで雷が発生するかはわかりませんが、空が暗くなってきたりしたら早めに海から上がるようにしましょう。

ゴロッと鳴ったりピカッとひかったのみたら、念のため一度海からあがり様子を見た方が良いでしょう。

特にビギナーのかたは少しアウトまで出てしまうと海からあがるのにも時間がかかります。海の中では安全サイドで考えた方がよいです。

今後の気圧配置と波: 熱帯低気圧の動向に注目

午後9時の予想天気図 FSAS24

昨日の週間予報支援図でも示唆されてましたが、南海上に熱帯低気圧の発生が予想されています。

過去にはいきなり発生して台風となって上陸したケースもありますので、動向には注意したいところです。

また上空の寒気に対応した低気圧は千葉の東あたりにまだ居座り続けそう。
これが消滅するか東へ移動するかすれば、スッキリ梅雨明けとなりそうなんですけど、今夜まではまだまだ不安定な状況になりそう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

南海上の熱帯低気圧はほとんど同じ位置にある予想です。

また明日の夜までには上空の寒気はおおよそ抜けて大気の状態も安定してきそう。

気になるのが熱帯低気圧の動向です。

台風にまで発達するかどうかはわかりませんが、このまま熱帯低気圧として北上してくるのかどうか。

海外の予報モデルをみると、このまま北上して東海沖から紀伊半島あたりを指向するようなものも出ています。

もうすこし様子見が必要かなと思いますが、北上してくれば南東からのうねりが明日の後半あたりから金曜には反応してくるかもしれません。

動向は要チェックです。

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!