西日本~東日本の太平洋側は吹走距離の長い東うねりでサイズ十分な波【2021.9.21】

 

はるべえ
明日は次第に南よりの風が
吹いてきそうです


はるべえ@サーフィンが大好きな気象予報士
です。

9月21日 火曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日の西日本から東日本の太平洋側は
東海上にある高気圧の南縁にあたり

吹走距離の長い東よりの風によって
東向きのポイントでは
十分なサイズの東うねりが反応していたのでは
ないでしょうか

宮崎・中村・生見・那智勝浦・伊勢などの
西日本の東向きのポイントでも
風を軽減すれば十分あそべる波が
反応していたかと思います

千葉エリアも朝から十分なサイズの
東うねりが反応
していましたね

今日は平日ですけどシルバーウイークということで
朝から多くのサーファーが海に入っていました

明日から明後日にかけては
風向きが変わってきそうなので

今日もまずは実況の気圧配置から
明日の予想気圧配置までみて
風と波を想定していきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ東うねりで朝はいい波入ってました明日も東うねりが続きそうですはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。9月20日 月曜日の気圧配置と風と波の状況/明日[…]

高気圧からの吹き出し

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

東海上の高気圧は
中心をやや南下させつつも東へと
移動しており
中心気圧は1022hPaで勢力を維持しています

また黄海から北東方向の中国東北区のほうに
進んた低気圧は
前線を伴いながらも更に北東の方向へと
進んでいる状況

日本付近は高気圧の後面に位置するようになり
東~南東の風が入りやすい
気圧配置になってきています

アメダス風向210921_1500

こちらはアメダス風向風速データ@15時

午前8時くらいまでは
千葉・湘南エリアともに北よりの風が吹いて
いましたが

昼前からはやはり北東~東の風が入ってきて
千葉エリアの沿岸部では
強めの東風が入ったポイントが多かった模様

湘南も南~南東の風が午後には
入ってきたようです

石廊崎の波浪観測データ_210921_20

石廊崎の波浪観測データですが
南ベースの波はかなり弱い状況が続きます

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/21
日の出:05:26 / 日の入:17:37
大潮
満潮:04:14(154cm) / 17:01(150cm)
干潮:10:41(31cm) / 22:54(51cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/21
日の出:05:29 / 日の入:17:40
大潮
満潮:04:32(151cm) / 17:16(147cm)
干潮:11:03(27cm) / 23:11(43cm)

【千葉・湘南】今日の波

東うねり@大原

今日も東海上の高気圧からの吹き出しによる
東よりの風がはいり

高気圧の南縁にあたる西日本~東日本の太平洋側
では東からの強い風が長い距離を吹き続いていることで
東からの波が高い状態が続きました

千葉エリアでは
朝の内は北よりの風が吹いていた
時間帯があり

南向きのポイントではオフショアとなって
十分遊べるサイズの波が入ってきていましたね

東うねり@大原

先ほどのアメダスの推移のとおりですが
次第に東からのサイド~サイドオンの風が
結構強めに入ってきてしまい

サイズは十分なんですが
午後はコンディションとしては
イマイチな感じになってしまいました

湘南も東うねりがベースなので
サイズは反応しにくいながらも
少し南東からの波が入ってきたのでしょうか

SNSをみると少し波が
あるようにも見えました

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日の朝9時の予想気圧配置では

明日は東海上の高気圧は勢力を1026hPaに
やや強めながらも東へと少しシフトしていきそうです

中国東北区から低気圧が日本海北部にまで
中心を移動させてきそうで

明日は高気圧の縁辺をまわって低気圧へと
吹き込む流れの南~南南西の風
になってきそうです

東海上の高気圧からの東ベースの波は
高気圧が遠ざかっていくこともあり
今日よりも落ち着いてきそうですが

千葉と茨城エリアには遊べるだけの
サイズは残るのではないでしょうか

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210921

明日のざっくり風イメージはこちら

明日の日の出の時刻くらいまでは
まだ北よりの風が吹いているか
風が弱い時間帯があるかもしれませんが

次第に高気圧縁辺から低気圧へと吹き込む
南よりの風へとシフトしてきそうです

午前中はまだそれほど風は強まらなそう
ではありますけど、
午後は少し風が気になってきそうなくらいで
吹いてくるかもしれません

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

高気圧から吹き出して吹走距離の長い東よりの風
によって西日本から東日本の太平洋側では
波の高い状態でしたが
明日は東からの波も少し落ち着いてきそうです

房総半島沖では東からの波で
周期は9秒、波高は1.5mと今日よりも少し下げて
くる予想となっています

西日本の太平洋側の各地点でも
今日よりかはだいぶ落ち着いてきそうな
値がでていますね

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210921

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/22
日の出:05:26 / 日の入:17:36
大潮
満潮:04:52(155cm) / 17:21(151cm)
干潮:11:10(39cm) / 23:23(44cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/22
日の出:05:29 / 日の入:17:39
大潮
満潮:05:12(153cm) / 17:35(148cm)
干潮:11:32(35cm) / 23:42(35cm)

 

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

千葉・茨城エリアは
明日も東ベースのうねりの反応が続き
今日よりも少しサイズは下げてくるかも
しれないですけど

朝を中心に十分遊べるだけのサイズの反応は
ありそうです

朝早くは北の風で午前中くらいまでは
南風になったとしてもまだそれほどは
影響はなさそうな感じなので

明日も朝一から北風をかわして
東うねりの反応が良さそうなポイントから
チェック
するのがよいのではないかと

明日も大潮回りで朝の満潮が5時くらいなので
朝一は潮が多くて割れにくい波となる
ポイントもありそうなので

朝一から入るなら
多少潮が多くても割れやすいポイントへ
向かうのがよいでしょう

千葉南エリアでは
今日の朝に十分遊べていた
白渚~花籠あたりまでがまずは無難かも

午後になって南~南西の風が
吹いてきたら

一宮周辺な千歳などがまとまって
きそうですね

明日の夕方はこれらポイントは
チェックしてみてもよいのではないかと
思います

湘南も朝のうちは北よりの風が
吹いてるか風が弱い時間帯もありそうなので
物足りないサイズながらも
風があっているうちに入っておいたほうが
よいのではないかと

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

こちらは木曜日の午前9時の予想気圧配置です

日本海北部にあった
低気圧が千島近海まで東へと進み
そこから南西方向へと寒冷前線が
伸びる予想気圧配置です

この寒冷前線が明日から明後日の
朝にかけて東日本から北日本を通過して
いきそうなのですが

日本海にはもう1つ低気圧があって
風の流れ的には日本海の低気圧へと
吹き込む南西ベースの風が
続く感じが続くのではないか
と想定します

23日祝日も明日から引き続き南~南西の風が
朝から吹きやすそうなので

明日の午後にコンディションが
良くなったポイントへ向かう
というのが
良さそうですね

東~南東うねりは弱まりながらも続き
南西の風波が少しアップしてきそうですが
南西の風をかわすポイントから
チェックするのが無難
となってきそうです

LINE公式では
明日の風と波とポイント情報や
ブログ更新情報などを配信しています
以下より友達追加していただけます

友だち追加

 

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
吹走距離の長い東うねり
最新情報をチェックしよう!