3連休初日は穏やかな晴天、水は冷たいけど北東うねりで楽しめる波【2022.1.8】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月8日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日は天気もよく日中は気温があがって
千葉エリアには北東うねりの反応が続き

水温はだいぶ低くなってきましたけど
千葉北エリアを中心に
十分楽しめる波がありました

一昨日降った雪の影響はまだ残っていて
房総スカイラインは通行止め

状態が続いており

久留里街道も日差しがあたらないところは
まだ凍結しているところもある状態でした

明日は日本海の低気圧にむけて
西~南西の風が朝から吹きそうで

アリューシャンからの北東うねりの
反応も緩やかにダウン傾向ながらも
反応は続きそうなので

千葉・茨城エリアで風の合うポイント
を選べば明日も十分楽しめる波が
あるかもしれません

ということで
まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日の冬型の気圧配置は緩んできて
今日は西日本の日本海側から高気圧に
広く覆われるようになってきました

今日は広く晴れのエリアが広がり
日中の気温も昨日一昨日から比べると
だいぶ暖かく感じる陽気となりましたね

千葉エリアには一昨日から反応が
はじまったアリューシャンからの北東うねりが
今日も反応が続いたことで

今日も千葉北エリアを中心に
十分サーフィン可能なコンディションで
楽しめる波が入ってきていたようです

千葉北エリアの一宮周辺では
今日も三そばさん@Sansoba3の
Instagram投稿を拝見させて
いただきましたが

セットで頭くらいのいい感じの
ライトの波が入ってきていたようで

今日も十分サーフィン楽しめていたようです

 

またフォロワーの方から頂いた情報では
朝一の千葉北の野栄エリアでは
ちょっとヨレタワイドな肩くらいの
ダラダラセットがかなりセット間長めで
入ってくる感じだったそうで
だいぶ水が冷たいようですね・・・

一宮周辺でこれだけサイズあったので
今日は茨城の鹿嶋エリアでも十分サイズ
あってサーフィンできたのではないかと思います

kamogawa-220108

千葉南エリアも昨日と同じくらいの
反応が続いて
潮が多い朝8時から9時くらいはかなり
割れにくい波でしたけど

潮が引いてきた時間帯は
鴨川~千倉までの各ポイントでは
できる波はありました

潮が引いてきた鴨川マルキポイントは
面はクリーンで
たまに入ってくるセットは腰腹くらいで
レフトの波は乗れる波はありました

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/08
日の出:06:47 / 日の入:16:43
中潮
満潮:08:57(129cm) / 19:56(117cm)
干潮:01:58(24cm) / 14:36(74cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/08
日の出:06:51 / 日の入:16:45
中潮
満潮:09:16(125cm) / 20:13(120cm)
干潮:02:28(23cm) / 14:52(74cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

西日本から移動してきた高気圧は
明日の朝には東南東の海上を離れていく方向で
高気圧の後面になってくるものの

東日本から西日本は引き続き高気圧の帯に
覆われた状態となり天気の崩れはなく
明日も穏やかな晴天が続きそうです

また沿海州から日本海北部に移動している
低気圧はこれから前線を伴いながら
明日の朝には中心をオホーツク海へと移し
そこから東北から北陸地方にかけて
寒冷前線がかかる予想気圧配置となっています

沿岸部の風ですが
今日の後半からは
すでに西よりの風が入っていたエリアも
ありましたが

明日は高気圧の後面の縁辺で吹く
西~南西の風がオホーツク海にある
低気圧の南側へと吹き込む風の流れ
となり

南部ほど風が強まる
可能性もありそうです

沿岸波浪予想図_220108

うねりの反応はどうかというと
一昨日から千葉エリアにも反応がはじまった
アリューシャンからの北東うねりですが

千葉・茨城エリアには
緩やかにダウン傾向となりますが
明日も北東うねりの反応が続きそうです

明日午前9時の沿岸波浪予想図からのデータですが
房総半島沖では東北東からの波で
周期は13秒、波高1.3mが予想されています

北東うねりは傾向としては
すでにピークは越えており
緩やかにサイズダウン傾向には
なってきているはずですが

明日は沿岸部でも真正面からの
西~南西の風が入ってきそうですので
うねりは抑えられてしまう傾向です

波はややダウン傾向となって
沿岸部はオフショアとなりそうですけど

明日も千葉北や茨城の鹿嶋周辺エリアを中心に
十分遊べるくらいのミドルサイズの波は
続くのではないでしょうか

 

今日は北西の風がベースでしたけど
明日は西~南西の風となってくることから
北東うねりの反応がよく
西~南西の風が合うポイントということで

サイズが他よりもワンサイズくらい
大きめで反応が続きそうな
一宮周辺からチェックしていくと良さそうです

また茨城エリアにも北東うねりが
十分反応していることから
鹿嶋周辺もコンディション的には
良い状態が続きそうですね

 

千葉南エリアは明日も潮のタイミングを
よく見ておいて潮が少ない時間帯に
千倉や千歳などへ向かうのが良いかと思います

朝はすぐに潮が多くなってきて
しまいそうですけど
日の出から入るのであれば
出来そうな波はありそうなのと
あとは夕方の干潮狙いですね

 

湘南よりも千葉・茨城エリアのほうが
サイズがあって風も良さそうなので
明日は千葉・茨城の上記エリアを
中心にしたポイント選びが
よいのではないでしょうか

南西の風も入り今日よりもう少し
気温も上がってくるかもしれないので
水は冷たいですけど
気分よくサーフィン楽しめそうですね!

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/09
日の出:06:47 / 日の入:16:44
小潮
満潮:09:28(127cm) / 21:00(104cm)
干潮:02:32(41cm) / 15:40(69cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/09
日の出:06:51 / 日の入:16:46
小潮
満潮:09:44(122cm) / 21:19(107cm)
干潮:03:02(40cm) / 15:52(68cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

明日の朝に西日本の南海上に予想されている
弱い低気圧が南海上を前線を伴いながら
東へと進みそうで

連休最終日となる月曜日の朝には
関東の南海上を通過していく予想気圧配置
となっています

また日本海には高気圧が予想されており
北から日本付近を覆ってくる見込み

 

日本海にある高気圧から
南海上の低気圧にむけて北~北東の
風が入りやすい気圧配置
となってきます

先週木曜日のような大雪になったり
大きな崩れはなさそうですが
やや雲が多い空模様となり

明日よりかは気温は低く
北よりの風が冷たく感じる一日
となってきそうです

低気圧へと吹き込む北~北東の風が
やや強めに入ってきそうなので
この風をかわすポイントが中心の
サーフィンとなりそう
ですね

北東からの風波と
南海上の低気圧からの南よりのうねりの
反応も出てきそうなことから

風を軽減しつつサイズもそこそこありそうな
片貝エリアからチェックが良いかもしれません

明後日は朝一のタイミングで
潮が少なめの時間帯が多くなってきそうなので
サイズの反応があれば鴨川マルキポイントも
選択肢にいれておいてもよいかもしれません

また明日の状況みて
ブログ更新していきます


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.08

1/8 3:00九州南部に1008hPaの低気圧が解析、これから発達しながら関東南岸を東北東進する予報関東ではまだ降水はないものの全天を高層雲に覆われてどんよりとした朝朝一の千葉エリア、昨日と同じか若干サイズが下がったくらい、一宮周辺[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.08

1/8 3:00 ASAS日本のはるか東の海上には発達した低気圧、本州付近は高気圧の後面に差し掛かり天気は下り坂。東シナ海には前線を伴った低気圧があり今夜から明日にかけて発達しながら東の海上へ抜けていく。明日は西日本から寒波が南下してきて[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.08

1/8 3:00 地上天気図と波情報今朝は弱い冬型の気圧配置からのスタート。3時の天気図には解析されてませんが、これから日本の南に一時的に高気圧が解析されそうです。昼頃頃から南西の風が入りはじめ次第に西寄り成分も混じり強く吹いてき[…]

OnThisDay-2020.01.08

気圧配置&天気と波情報 : 千葉南は暴風と波浪警報が発令午後3時の実況天気図 ASAS発達した低気圧が東へ移動しています。低気圧の中心は日本海にあり、そこから南東方向へ温暖前線と南西方向には寒冷前線が伸びており、等圧線の間[…]

OnThisDay-2021.01.08

朝起きたら一面が雪景色でしたはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月8日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝はちょっとびっくりしました。[…]

雪景色と蒸気霧

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波の要素と種類

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はいよいよ「波」についていろいろと書いていきます・・・ 前回こちらの記事にて波をつくるための風について[…]

波の要素と種類について
波のコンディション

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回は波のブレイクについて・・・ 前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみ[…]

波のコンディションとブレイク
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!