五十嵐カノア日本人はじめてのイエロージャージでベルズビーチへ【2022.3.8】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月8曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

先週末は
JPSAのプロトライアルが
開催されていたことから、

そちらのライブ配信を中心に
みて注目していたのですが、

CTはポルトガルに移動しての第3戦となる
「MEO Pro Portugal presented by Rip Curl」
が開催されていました。

こちらは順調にヒートが進んで
既にファイナルを迎えており、
Men’sはグリフィン・コラピント(USA)、
Women’sはタティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)
がそれぞれ優勝しました

我らが日本の五十嵐カノア選手
クォーターファイナルまで進み
そこで惜しくも
ジョン・ジョン・フローレンスに
負けてしまったのですが、

この大会で5位に入ったということで、
なんと日本人でははじめての
現時点でCTランキング1位となりました。

まだ第3戦が終わったところなので
先は長いですけど、

今シーズンは
ワールドチャンピオンが獲れる
ポジションにあるのでは
ないでしょうか??

ということで、
次回の第4戦はオーストラリアの
ベルズビーチで開催されるので、

その時は
ランキング1位の選手のみが着れる
イエロージャージ」をまとっての
出場となります

カノア選手が日の丸入りの
イエロージャージで
ベルズビーチなんて
ホント楽しみですね!

次回CT第4戦は4月上旬だったかと
思いますが、今度はオーストラリアなので
そんなに時差ないので

ライブ配信も見やすい時間帯での
開催となりますから
次もいいライディングを期待して
応援していきましょう

今日は全国的には晴れて冬の寒さは和らいでくるのですが、関東地方だけは朝から雨が降り気温も低く寒い朝を迎えています。

日本付近は高気圧の中心が日本海と東海上にそれぞれあり、関東地方はちょうどこの高気圧の間に位置して気圧の谷となっています。

南海上には前線を伴った低気圧が東進しており、こちらはほとんど影響はないのですが

昨日の記事にも記載しましたとおり、関東地方の南海上だけ南から等圧線が北に盛り上がってきており、ここに弱い低気圧性の循環が発生しているものと思われます。

今朝の沿岸部の風は各地で北よりの風からのスタート。天気図には現れてない低気圧にむけての北〜北東の風が入りやすい状況となっており、午前中から風が強い状態が続きました。

この北〜北東の強い風による風波と、千島の東あたりにある低気圧からの北よりのうねりの反応も出てきているはずで、

千葉エリアは昨日よりもだいぶサイズアップしてきました。

ただ北東の風により風をかわせないポイントではまとまりないジャンク気味なコンディションとなってしまったことから

北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなった一日でした。

こちらは今朝の千葉南エリアの波の様子です。

サイドっぽい風が入ってきて少し面にも影響がでてきはじめたかなといったところでしたが、

昨日よりもサイズは出てきていてセットは腹胸くらいの波がは入ってきていました。ワイドな感じのブレイクでしたけど、昨日よりは全然できるコンディションでした

こちらは北東〜東っぽい風が強めに入ってきて、既にまとまりない感じの波になってきてました。

こちらも朝から少しサイズが出てきてました。

こちらは朝は潮が多くてオフショアも強くて割れにくい時間帯。割れる波はかなり待つ感じでした。

昼〜後半にかけては潮が引いてくるので、サイズも出て割れやすくなってきていたのではないでしょうか。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/08
日の出:05:59 / 日の入:17:40
中潮
満潮:07:14(132cm) / 20:18(107cm)
干潮:01:09(55cm) / 13:58(29cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/08
日の出:06:02 / 日の入:17:43
中潮
満潮:07:24(133cm) / 20:40(113cm)
干潮:01:33(59cm) / 14:16(28cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

関東の南東海上には小さな低気圧が予想されていますが、今日よりも高気圧がまとまってきており関東地方も高気圧の前面にて覆われるようになってくる予想気圧配置です。

関東地方の天気も回復してきて、今日よりも最高気温は今日よりも3℃くらいは高くなって、寒さは少し和らいできそうですね。

明日の沿岸部の風は、高気圧の前面で吹く風が南東海上の低気圧へと吹きこむ感じの流れとなり、

引き続き北〜北東ベースの風が吹きやすい状況が続きそうです。

沿岸波浪予想図

明日午前9時の沿岸波浪予想図を見てみると、房総半島沖では北東からの波が卓越し、周期7秒で波高2.2mの波が予想されています

明日も千島の東からアリューシャン方面へとひろがる低気圧からの北東うねりの反応が続きそうで、北東の風波も少し弱くなりながらも続きそうなので

サイズは今日と同じくらいで反応が続くのではないかと思います

千葉エリアは明日も北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなりそうです。

風の合わない一宮周辺や茨城の鹿嶋エリアはサイズは十分あるもののまとまりないハードなコンディションが続いてしまう可能性があります。

サイズがありつつ風を軽減できる片貝や飯岡、御宿や部原の勝浦エリア、鴨川から白渚あたりまでで入るのが、無難なポイント選びとなってきそうです。

風は北〜北東で続きそうですが、明日も朝一は潮が多い時間帯なので、

千葉南エリアの地形が深めのポイントでは、昼の潮が引いてくる時間帯にタイミング合わせて入るなどするとよいのではないでしょうか。

湘南エリアは東ベースの波なのでサイズ小さい状態が続いてしまうので、明日は千葉の風をかわすポイントへ向かうほうが楽しめる波はありそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/09
日の出:05:58 / 日の入:17:41
小潮
満潮:07:34(128cm) / 21:17(97cm)
干潮:01:30(67cm) / 14:42(33cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/09
日の出:06:01 / 日の入:17:43
小潮
満潮:07:40(130cm) / 21:37(103cm)
干潮:01:51(72cm) / 14:57(32cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

明後日の朝も日本付近は高気圧にすっぽり覆われてくる見込みで、気温は明日よりもう少し上がってくるかもといったところです。

朝一の風向きは北よりからとなりそうですが、日中は高気圧の縁辺で東よりの風が入りやすくなってきそうですが、そこまで強くは吹かないかもしれません。

北東ベースのうねりと風波は明日よりはダウン傾向となってきそうですが、風が弱くなってきそうなので、

千葉エリアではオンショアながらも遊べるくらいの波はあるのではないでしょうか。

また明日の状況みて更新します。

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/08)
3月8日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210308/wave-18238/
2020
https://asasfsas24.com/20200308/wave-12150/
2019
https://asasfsas24.com/20190308/wave-6544/
2018
https://asasfsas24.com/20180308/wave-543/
2017
https://asasfsas24.com/20170308/wave-180/

今日の記事は以上です。

ぼっちサーフィン

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

ISA-WSG

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
五十嵐カノア日本人はじめてのイエロージャージでベルズビーチへ
最新情報をチェックしよう!