明日から南岸低気圧の動向に要注意!冬のサーフィンで気をつけること【2022.2.8】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

2月8日 火曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

立春が過ぎて朝夕の日の長さも長くなったと感じるようにはなりましたけど、まだまだ寒い日が続いてますね

木曜は関東地方は大雪になるとの予想も出てきていて、沿岸部は雨のままかもしれないですけど、海へ向かう道中は積雪や路面凍結しているところがあったりと、運転にも十分注意が必要となってきそうです。

それでもサーフィンしたくなってしまうのがサーファーなんですけど、

海だけでなくクルマの運転も含めて、くれぐれも安全だけは忘れないように、無理しすぎないようにして、真冬のサーフィンを楽しみたいですね

こちらの「冬のサーフィンで気をつけること」
の記事も参考にしてみてください。

冬のサーフィンで気をつけること
~準備と行動編
https://asasfsas24.com/20190106/wave-5861/

冬のサーフィンで気をつけること
~防寒対策アイテム編
https://asasfsas24.com/20190106/wave-5841/

今日もまずは気圧配置から見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

冬型の気圧配置は緩んできており、南海上には高気圧、千葉の沖合と東シナ海には小さな低気圧が解析されています。

今日の千葉南エリアはこの沖合の低気圧の影響もあり、雲が多いどんよりとした空模様からのスタートです。

千葉南エリアの沿岸部の朝の風は、北西の風が強めに吹いてましたけど、少し薄陽がさすようになったくらいから若干風が落ち着いてきたような感じに。

波の方は西うねりは完全になくなってしまい湘南エリアはまた厳しいサイズに戻ってしまいましたが、

千葉エリアははるか東海上にある低気圧などからの東〜北東うねりの反応がなんとか続いており、東うねりに敏感な一宮周辺では今日もミドルサイズのセットの波が入ってきていました。

こちらは千葉南エリアの今朝の朝二くらいの波の状況です。腰腹オーバーくらいなうねりは入ってくるんですが、潮が多い時間帯です。

セットは腰腹ちょっとのサイズで入ってきてましたけど、潮がまだ多い時間帯だったので途中で厚くなってしまうブレイクが多めの波

それでも今朝は、人はそこそこ入っていて曇り空の中サーフィンを楽しまれてました

こちらもインサイドよりのブレイクが中心の時間帯。

波打ち際は少し深くなってますが、少し沖に行くと歩けるくらいの浅い部分ができていて、そこからまた深くなっている感じの砂のつき方です。

アウトから手前にかけて急に浅くなるので、ワイドで早い波になりがちですが、たまに少し切れた波も入ってきます。

こちらは潮が多すぎでインサイドのショアブレイクのみ

この状態では乗れる波はないので、潮が引いてきてからまたチェックするほうが良さそうかと思いきや、午後は東寄りの風が入ってしまいました・・・

今日は午後にかけても北西の風がベースで続く予想がでていたんですが、千葉エリアは北東〜南東までの風が入ってきてしまい、

午後は潮が少ない時間帯になるのでもう少しコンディション上向いてくるのかなと思ってたのですが、コンディションはダウンとなってしまいました。

明日もこの傾向が続きそうです。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/08
日の出:06:32 / 日の入:17:13
小潮
満潮:08:39(127cm) / 21:47(93cm)
干潮:02:10(60cm) / 15:41(48cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/08
日の出:06:35 / 日の入:17:16
小潮
満潮:08:44(125cm) / 22:06(98cm)
干潮:02:34(62cm) / 15:52(45cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

日本海には高気圧が予想されるようになり、南海上には前線を伴った低気圧が西から東進してくる予想気圧配置です。

今日の午後から東よりの風が入りだしましたが、明日も日本海にある高気圧からの吹き出しの流れの影響を受けそうです。

朝は北風からスタートしすぐに北東の風へとシフトしてきて午後は強めに吹いてきそうです。

千葉エリアは2日前くらいから続いている東〜北東うねりから北東の風波の反応が次第に出てきそうですが、

北東の風の影響を受けるポイントが多くなってしまいそうです。

明日は朝のうちの北風が吹いてそうな時間帯に比較的サイズのあるポイントで入っておくか、

北東の風が強まってきたら風を軽減する片貝や鴨川などへ移動するのがよさそうです。

明日も夕方に潮が引いてくるタイミングで、後半になると北東の風波が少しアップしてくるかもしれないので、

風をかわすポイントへこれらを考慮して向かえば多少はできるかもしれません。

湘南エリアは風の影響はそれほどなさそうなんですが、東よりの波になるので物足りないコンディションが続きそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/09
日の出:06:31 / 日の入:17:14
小潮
満潮:09:06(123cm) / -(-cm)
干潮:02:31(74cm) / 16:53(46cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/09
日の出:06:34 / 日の入:17:17
小潮
満潮:09:06(123cm) / -(-cm)
干潮:02:51(77cm) / 17:00(45cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

南海上の前線を伴った低気圧と東海沖にも小さな低気圧が予想されています。

既にニュースにもなってますが、木曜日は関東地方で大雪となる可能性がでてきており、平野部でも積雪となるおそれもありそうです。

沿岸部はいまのところは雨になるとの大方の見方ではありますけど、上空の寒気の南下の度合い次第では、沿岸部でも積雪となるかもしれません。

雨や雪は朝から降り始め夕方まで続く見込みで、冷たい北〜北東の風が吹きつけそうです。

この日も北東の風をかわすポイントへ向かう必要がありそうですが、雪の状況など踏まえ無理して海に向かうまでのコンディションは期待はできなそうですので、

路面凍結など含めて無理な行動にならないよう、最新の気象情報を確認して安全にお過ごしください。

また明日の状況みて更新します。

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/02/08)
2月8日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210208/wave-17730/
2020
https://asasfsas24.com/20200208/wave-11641/
2019
https://asasfsas24.com/20190208/wave-6184/
2018
https://asasfsas24.com/20180208/wave-513/
2017
https://asasfsas24.com/20170208/wave-152/

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
明日から南岸低気圧の動向に要注意!
最新情報をチェックしよう!