太平洋高気圧から南西の風波+水温低下~最も早い真夏の波パターン【2022.7.1】

はるべえ
はるべえ@
サーフィン×気象の
波乗りブロガー
です

7月1日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日も夕方までの状況やデータみて
一部追記と更新しました(21:30)

「梅雨明け十日」の猛暑日が続いた1週間

先週金曜日の時点ではまだ
梅雨明けはしていなかったのですが

週間予想天気図を見ると
まさに「梅雨明け十日」ような
気圧配置が予想されていたことから
先週はこんな記事を書いていました。

先週金曜の記事

はるべえはるべえ@サーフィン×気象の波乗りブロガーです6月24日 金曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。~今日からしばらく南西の風が続きそうで週間気圧[…]

梅雨明け十日の天気図?

気象庁からどのタイミングで
梅雨明けが発表されるのかを
注目していたところでしたが・・・

はるべえ
関東地方は6月27日(月)に
梅雨明けが発表されました。

全国的に史上最短の梅雨の期間となり
梅雨明けしたあとは一気に真夏が
やってきて

まさに「梅雨明け十日」な状況が
今日現在も続いています。

波のほうは南西の風波が
物足りないサイズで続き
南西の風が続いてることで
千葉は水温が低い状態も続いてます

はるべえ
まさに真夏の波のパターンと
なっていますね

そんな今週前半からの推移も含めて
今日もみていきましょう

今週の気圧配置の推移(6/27~6/30)

実況天気図_220627_0900
実況天気図_220627_0900
実況天気図_220628_0900
実況天気図_220628_0900
実況天気図_220629_0900
実況天気図_220629_0900
実況天気図_220630_0900
実況天気図_220630_0900

 

先週の時点の週間予想天気図のとおり
今週は太平洋高気圧の勢力が強まり

梅雨前線を北へと押し上げて
関東地方は27日(月)に梅雨明けが
発表されました。

こちら月曜から木曜までの
天気図を掲載しましたけど

関東の梅雨明けが発表された
27日(月)から太平洋高気圧に
覆われる気圧配置となり
南東海上にある高気圧中心は
「ほぼ停滞」として解析されています

また梅雨前線は東北北部から北海道
付近に停滞しており
こちらは非常に激しい雨となっている
とのこと

これまでの傾向では北海道は梅雨がないと
言われるほどに雨の季節は短いのですが
今年は北海道付近に梅雨前線が停滞
する状況となり、こちらも例年とは異なる
傾向になっています

今週の波はこんな感じでした

梅雨明けした日の投稿
ここでも書きましたが、
これだけ例年とは異なる梅雨の時季
となったことから

この反動が必ず地球上のどこかで
現れるはずです。

はるべえ
地球は必ず
バランスをとりにきます

この反動が極端な形で現れてしまうと
災害などに繋がってしまうような
こともあるので、

そんな極端な形にならないと
いいのですが・・・

はるべえ
この日の朝は「移流霧」
各地で見られました。

南西の風が続いたことにより
千葉エリアはかなり水温が低下してますが
この冷たい海の上に暖かい空気が
入ってくることで

海上だけ霧が発生するという
この時期にはよく見られる現象です

南西の風波+南東うねりが少し反応?

午前3時の実況天気図

実況天気図

今日の午前3時の実況天気図です

太平洋高気圧に覆われる状況が続いており
関東の南東方向にある高気圧中心は
依然として「ほぼ停滞」として
解析されています

オホーツク海にある高気圧との間に
形成される梅雨前線は
津軽海峡から三陸沖あたりで
停滞傾向となっており
こちらは雨の季節が続いています。

アメダス風向風速_220701_0700

沿岸部の今朝の風は
不安定な風向ながらも
強くは吹いているところは
なさそうであり

今日も朝のうちはそれほど
風の影響は受けなさそうですが
昼からは南西の風が少し
影響してくるかもしれません。

石廊崎の波浪観測データ_220701

こちらは南よりの波の反応具体を
見るときにはよくチェックする
石廊崎の波浪観測データです。

今週はスモールサイズが続きながらも
昨日や一昨日は南西の風波で
腿腰~腹くらで遊べる時間帯も
ありましたけど、

今日は南西の風波が昨日よりも
ダウン傾向になってそうな
感じのデータになってきています。

湘南や千葉の南向きのポイントでは
引き続き物足りないサイズの波が
続きそうで

大きく動く潮のタイミングにあわせて
昼頃の潮が少ない時間帯前後の
ミドルタイドに入るというのが
よさそうです

また昨日の午後にLINEアカウントで
教えてもらった情報では
一宮周辺では腰腹くらいのサイズが
あってそこそこ出来たとのことで、

はるか東海上にある高気圧からの
東~南東の波の反応が少し出てきた
のかもしれませんね

東うねりに敏感な
一宮周辺や茨城の鹿嶋エリアなどが
今日はそこそこ遊べるコンディション
になってくるかもといった感じでしょうか

今日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/07/01
日の出:04:28 / 日の入:18:57
中潮
満潮:04:45(141cm) / 18:59(133cm)
干潮:11:54(6cm) / -(-cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/07/01
日の出:04:30 / 日の入:19:00
中潮
満潮:04:54(146cm) / 19:18(146cm)
干潮:12:13(11cm) / -(-cm)

週末は混雑をずらしてサーフィン楽しみたい

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

今日の9時起算の天気図が出てきたので
更新しました。

明日も太平洋高気圧に覆われる
気圧配置が続きそうで
今日と同じような傾向となって
きそうです。

沿岸波浪予想図

今夜9時の沿岸波浪予想図
を見てみますと、

房総半島沖では
南南東からの波が卓越し、
周期は5秒、波高は0.9m

相模湾沖では
南南東からの波が卓越し、
周期は10秒、波高は0.7m

がそれぞれ予想されています。

相模湾沖で周期10秒の波が
今夜9時の予想から値が出てきて
いたのですが

周辺をみてもここだけなので
この周期10秒と予想されている
理由がちょっとわかりません・・・

ざっくり風とうねり220701

明日も高気圧の縁辺を回って吹く
南西の風が各地で吹きそうで

今日と同じく南西の風波ベースな
コンディションとなるところが
多くなりそうですが、

東うねりの反応が一部では
少し良くなってきている
傾向にもあるので

明日も南西の風をかわして東うねりの
反応がよい一宮周辺や茨城の鹿嶋エリア
などが無難なポイントセレクトと
なってきそうです。

混雑しそうなので
多少風の影響があって
まとまりなくても比較的に
空いてるポイントへ移動するとか

もしくは夕方のほうが比較的に
空いてることが多いので
その時間帯を狙うかとかで

はるべえ
ストレスなくサーフィンできるように
上手に「ずらし」て楽しみたいですね

気になる熱帯低気圧の動向➡台風4号が発生

熱帯低気圧_220701

沖縄の南の海上には熱帯低気圧が
発生しており
東シナ海へと北上しながら
台風へと昇格していく予想が出てきています。

はるべえ
午前9時に台風4号が
発生しました!

太平洋高気圧の勢力が
この週末はまだ強そうなので
高気圧の縁を北上するような
コースになってきそうですが

来週は太平洋高気圧の勢力が
弱くなってくる予想も出てきており
戻り梅雨になってきそうなので
台風の進路にも影響がでてきそうです

台風からの周期の長い波は
この週末のうちは期待薄となり

反応してくるとしても
週明け月曜から火曜くらいからに
なるのではないでしょうか

台風の発達状況とコース次第では
反応の仕方も少し変わってくるかもなので
状況はチェックしておきたいところです

明日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/07/02
日の出:04:28 / 日の入:18:57
中潮
満潮:05:21(139cm) / 19:30(131cm)
干潮:00:03(89cm) / 12:29(10cm)
【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/07/02
日の出:04:31 / 日の入:19:00
中潮
満潮:05:27(143cm) / 19:52(145cm)
干潮:00:29(100cm) / 12:47(13cm)

友だち追加

休日の前日+不定期に
ブログ更新情報やおすすめ情報などを
配信しています

サーフィン初心者の方向け
明日のサーフポイント選びの相談は
友達追加してDMでお問い合わせください
※可能な限り返信しています

気象実況データ

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/07/01)
7月1日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210701/wave-20320/
2020
https://asasfsas24.com/20200701/wave-13813/
2019
https://asasfsas24.com/20190701/wave-8292/
2018
https://asasfsas24.com/20180701/wave-569/
2017
https://asasfsas24.com/20170701/wave-291/

いい波にのるために

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~5
好評発売中です。Amazonでも高評価を頂いてます。
https://amzn.to/3gyh2my

Kindle Unlimitedの
30日間無料体験
を使えば
全て無料で読むことができます

参考記事)
『Kindle Unlimited』サーフィンライフなど
本や雑誌が読み放題!
https://asasfsas24.com/20220619/wave-27228/

今日の記事は以上です。

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
波の要素と種類

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はいよいよ「波」についていろいろと書いていきます・・・ 前回こちらの記事にて波をつくるための風について[…]

波の要素と種類について
波のコンディション

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回は波のブレイクについて・・・ 前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみ[…]

波のコンディションとブレイク
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
太平洋高気圧から南西の風波+水温低下
最新情報をチェックしよう!