「立冬」の千葉エリアは北西の風、明日も東うねり+オフショアで楽しめそう【2022.11.7】

2022年11月7日(月)の
気圧配置と風と波の様子です

今日は2022年の「立冬」です。

今日の立冬から2月の立春の前の日
までが暦の上では「冬」となります。

つまり今日から冬がはじまった
ということですね

まだ今日も海の中は水温は高いほうで
ジャーフルで全然いける感じですけど

もう少しすると水温も下がってきて
セミドライの出番がきます

12月の中旬頃までは
まだ体が寒さに慣れてないので
少しでも寒い日があったり
水温が低くなると
かなり寒く感じますよね

関連記事

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる

それでは今日も
気圧配置から見ていきましょう

午前9時の実況天気図

実況天気図

午前9時/15時の実況天気図です。

この気圧配置だけ見ると
高気圧にすっぽりと覆われて
全国的に晴れになるのかなと
思いきや、

今日は関東地方だけが
曇がひろがり千葉エリアでは
弱い雨が降ったところも
ありました。

関東の東の海上に中心のある
高気圧の後面に関東地方は
位置していることで

弱い気圧の谷に差し掛かり
朝はこんな感じの雲が広がって
その後弱い雨も降りました

昨日の記事では
今日は北風のちに北東~東の風が
入りやすいとして記載しましたが

今日は北西のオフショアの風が
吹いていた時間のほうが
長かったようですね・・・😅

沖合では東海上の高気圧から
吹き出す東よりの風が吹いてた
ようなんですけど

沿岸部には局地的な前線が
出来ていたようであり

千葉エリアのポイントには
オフショアベースの風が吹いて
面もまとまったコンディションが
続いたポイントもあったようです。

今日も千葉エリアには
東ベースのうねりの反応が
続いており

大潮回りの時間帯によって
サイズは多少変化したものの
胸肩~頭サイズのセットが
入ってきていたポイントも
多かったようです

湘南も小ぶりながらも
東うねりが回り込んで
昨日と同じくらいのサイズ感で
反応はあったようですね

今日の波

朝は風はほとんど吹いておらず
面はクリーンなコンディション

東よりのうねりの反応が続いており
セット間隔はやや長めですが

たまに入ってくるライトのブレイクは
写真でみるといい感じですけど

かなりはやくて
つかまってしまいそうな
ブレイクでした

ワイドなブレイクが中心でしたが
切れたところからたまに
走れる波も入ってきていて
サイズも十分なコンディション

風の影響はなかったのですけど
沖合で東風が入っていたためか
ボヨついた感じのフェイスでした

こちら今日の西湘エリアの
朝の様子を共有してもらいました

富士山は今日は雲に隠れて
しまいましたね

明日の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

東海上の高気圧と
黄海に中心のある高気圧との
境目には低気圧が予想されており

気圧の谷としてとても
わかりやすい気圧配置が
予想されています

低気圧は関東の南東海上にあり
西から張り出す高気圧から
この低気圧に向けて

北西ベースの風が
入りやすい予想気圧配置
となっています

千葉エリアは今日もオフショア
ベースの風が吹きましたが
明日も多くのポイントで
面は整ってきそうな風が
吹きそうです

波のほうは
明日も東ベースのうねりの
反応が続きそうです

東海上を遠ざかる高気圧は
東西に長い形の高気圧となり

明日の沿岸波浪予想図の
データを見てみると

この高気圧からの
東うねりの反応は
今日よりもやや強まってくる
可能性もありそうです

十分なサイズの東うねり+
北西のオフショアとなりそうで
明日はコンディションが
上向いてくるポイントが
多くなってきそうですね

勝浦の潮位_221106 勝浦の潮位_221106-2

明日も大潮回りで
朝一は潮がまだ多いですが
午前中は潮が少ない時間帯となり

この時間帯を中心に
技量にあったポイントに向かえば
明日は楽しめる波が
あるのではないでしょうか

東向きのポイントは
セットが入ると
ややハードな時間帯も
ありそうですので

ちょっとハードな感じであれば
南向きのポイントへ向かうなどして
ポイント選びしてもらうと
よいかなと思います

いい波にのるために~Kindle電子書籍シリーズ

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~6
https://amzn.to/3gyh2my

  1. 週末サーファーというスタイル  https://amzn.to/3rBZP2v
  2. サーファーにとっての風と波  https://amzn.to/3opBknd
  3. うねりの向きを知っていい波をあてる https://amzn.to/3uBogyy
  4. サーフィンエリア毎の特徴とうねりの向き https://amzn.to/3qeqGA0
  5. サーフィンに必要な潮回りの知識 https://amzn.to/36mpfs3
  6. 波をよむための天気図の見方 https://amzn.to/3NMHA2E

「天気図から風と波を予想していい波をあてる!」
をテーマにしてまとめた「note」もあります

より詳しく風と波をイメージするために
活用してもらえればと思います

前編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガー 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを運…

後編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガーで 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを…

今日の記事は以上です。
本日もお疲れ様でした!

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
221107
最新情報をチェックしよう!