今週の毎時潮位情報からホームポイントの波をイメージ【2022.11.6】

2022年11月6日(日)
気圧配置と風と波の様子です

この週末も千葉エリアは
東うねりが十分なサイズで続いて

風向きと潮回りでタイミング
よくポイント選べば
そこそこ楽しめるブレイクが
ありましたね

今週も中頃あたりまでは
東よりのうねりが続きそうで
かつ大潮回りとなります

昼の干潮はそんなに大きく
引いてこないですけど
毎時間の潮位変化を見て
タイミングよく海に
入って楽しみたいですね

明日は立冬です

それでは今日も気圧配置から
見ていきましょう

午前9時/15時の実況天気図

実況天気図

午前9時/15時の実況天気図です

黄海に中心のある高気圧は
日本付近に張り出した状態が
続いており

関東地方は今日も
高気圧前面に位置しており

沿岸部では少し雲が多くなった
時間もありましたが
概ね晴れて過ごしやすい一日と
なりました

今日も千葉エリアには
北東~東からのうねりの
反応が続いており

東向きのポイントでは
セットで頭サイズはあるものの
今日も北東~東の風によって
ややハード気味なコンディションとなり

風とうねりを軽減する
南向きのポイントでは
腹胸くらいのサイズが続き

潮が上げに動く時間帯には
胸肩サイズくらいのセットも
入ってきて、

午前中を中心にそこそこ楽しめる
コンディションだったのでは
ないでしょうか

湘南エリアも
千葉エリアにこれだけ長い間
続いている東うねりなので

最近は小ぶりなサイズながらも
腿腰~腹くらいなサイズ感で
楽しめる時間帯もあるようで

今日も潮が引いていた午前中は
ロングや厚めの板で楽しめる時間帯も
あったようですね

明日の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

高気圧がすっぽりと日本付近を
覆うようになってきて

黄海と関東の東~三陸沖あたりに
それぞれ高気圧中心が
予想されています

明日もこの東海上の
高気圧から吹き出す風の影響で
北東~東の風が入りやすい
気圧配置です

朝のうちは今日と同じく
北風が吹く時間帯が少し
あるかもしれませんが

午前中から北東の風が入り
午後には東の風となって
各地の面をザワつかせてきそうです

ここ最近は東よりのうねりが
反応して波がある状態が続いており

この東よりのうねりは
西からやってくる高気圧に
バトンタッチされながら

今週の中頃までもう少し
続く可能性がありそうです

明日も今日と同じく
朝一の北風が吹いてそうな時間帯から
北風をかわすポイントで入っておく
のが無難となってきそうです

東風が吹いてくる前に
1R入っておいたほうが
よいかと思います

今週の毎時潮位情報(勝浦)

勝浦の潮位_221106

勝浦の潮位_221106-2

明日月曜から次の日曜までの
勝浦の毎時間潮位情報

掲載しておきます

明日から4日間の木曜までは
大潮回りとなり
深夜に潮が大きく引いてきます

日中の干潮はそれほど大きくは
潮は引かないようで
週前半は午前中に70㎝くらいまで
引いてくる時間があります

午後は暗くなる時間も早くなったこともあり
夕方は潮が多い時間帯が続いて
厚めで割れにくいコンディションが
続きそうです

いい波にのるために~Kindle電子書籍シリーズ

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~6
https://amzn.to/3gyh2my

  1. 週末サーファーというスタイル  https://amzn.to/3rBZP2v
  2. サーファーにとっての風と波  https://amzn.to/3opBknd
  3. うねりの向きを知っていい波をあてる https://amzn.to/3uBogyy
  4. サーフィンエリア毎の特徴とうねりの向き https://amzn.to/3qeqGA0
  5. サーフィンに必要な潮回りの知識 https://amzn.to/36mpfs3
  6. 波をよむための天気図の見方 https://amzn.to/3NMHA2E

「天気図から風と波を予想していい波をあてる!」
をテーマにしてまとめた「note」もあります

より詳しく風と波をイメージするために
活用してもらえればと思います

前編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガー 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを運…

後編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガーで 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを…

今日の記事は以上です。
本日もお疲れ様でした!

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard su[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
221106
最新情報をチェックしよう!