興奮冷めやらぬ中での朝の1ラウンドはいい感じの波【2022.12.2】

2022年12月2日(金)
気圧配置と風と波の様子です

今朝はサッカーワールドカップで
日本がスペインに2-1で勝利

決勝トーナメントに出場することを
決めた記憶に残る朝となりました。

朝一の海に向かうクルマの中で
試合の様子を聞いていた方も多かった
のではないかと思います。

今日は興奮冷めやらぬ中での
朝一の1ラウンドとなった
のではないでしょうか

今朝の千葉の日の出は 6:29となり
6時の時点ではまだ空は暗く
朝一サーファーにとっては
海に入れる時間が少ない時期です

日の入りが一番早い時期は
12月上旬の今ごろなのですが
日の出が一番遅いのは
1月上旬くらいで

千葉エリアだと6:47が一番遅い
日の出だったかと思います

これからまだ20分弱日の出が
遅くなっていきますので
明るくなったらすぐに海に入れるよう
スタンバイしておかないとですね

それでは今日も
気圧配置から見ていきましょう

午前9時の実況天気図

はるべえ
午前9時の実況天気図です

今週は火曜日にサハリン付近を
発達した低気圧が北東方向へと進み
火曜よるにはその低気圧から南へ
伸びる寒冷前線が通過していきました

寒冷前線通過前には
太平洋側では南よりの風が
かなり強く吹き
南からの風波で大きくサイズアップ

30日の水曜の大陸の高気圧中心は
1050hPaでほとんど停滞し
オホーツク海の低気圧は958hPaとなり

西高東低の気圧配置となって
日本列島にも等圧線が縦縞にかかり
北よりの風となりました

これを契機に気温もグッと下がってきて
だいぶ冬らしい陽気に・・・

火曜から水曜にかけてアップした
南からの波はダウンしていますが

東海上の高気圧と低気圧との間で
生成される東よりのうねりが
メインに反応しており

また弱い冬型の気圧配置が続いて
いることもあり

東海沖からの西うねりの反応も
セカンダリのうねりとして
少し反応している
ような状況
にもありそうです

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

西高東低の気圧配置から
次第に西から高気圧が覆ってくる
ようになり

沿岸部の風は朝のうちの北西ベースの風から
日中は北風→北東の風へとシフト
してきました

面への影響があったポイントもありつつ
千葉エリアは東うねりで
腹胸くらいのサイズ感で反応が続いた
ポイントが多くなり

時間帯によっては楽しめていた
ポイントもあったようでした

湘南エリアは東うねりになると
スモールサイズになってしまいますが

冬の時期は西高東低の気圧配置に
なることで西うねりが反応してくる
ことが多くなり

今日も西うねりが少し反応して
物足りないサイズながらも
ショートでもサーフィンできる
サイズ感はキープして
出来ていたようでした

今日の波

こちら朝一の波の様子ですが
朝一といっても7時ちょい過ぎくらい
に撮影したものです

ばらけ気味の波ですが
サイズはセットで胸くらいの
波も入ってきて
そこそこ遊べる感じのコンディション

潮が上げに動いている時間帯でしたが
既に厚めな波が多くなってました

明日の予想気圧配置

はるべえ
明日午前9時と明後日午前9時
の予想気圧配置
です

日本付近は西から高気圧が
移動してくる見込みで
今夜には高気圧中心の1つが
北日本付近まで移動してきて

明日には後続のもう1つの高気圧
中心が西日本まで移動してくる
予想気圧配置です。

明日の朝は1つ目の高気圧が三陸沖にあり
2つ目の高気圧が西日本にある
ということで

関東付近はちょうどこの高気圧の狭間となり
弱い気圧の谷に位置します

こんなときは
風向きが微妙になるときがあり
ちょっとした高気圧同士の
パワーバランスの変化や地域によって
風向きがガラッと変わることもあります

明日も現時点での予想では
千葉と湘南エリアともに沿岸部では
北西~北の風となっていますが

沖合では三陸沖の高気圧から
吹き出す南東の風が吹いているので

北〜北西の風が吹いて
沿岸部はオフショアなポイントも
波はイマイチまとまらない
ばらけ気味のコンディション
になっているかもしれません

沖合のすぐそこまで
南東風が吹いてそうなので
時間帯によっては
沿岸部も南東の風が入る
ポイントや時間となる
可能性もあります

はるべえ
明日午前9時の
沿岸波浪予想図です

房総半島沖では
東北東の波が周期9秒、波高1.7m
として予想されています

今日よりもややダウン傾向
の値ですが、だいたい今日と
同じくらいの反応はあるのでは
ないでしょうか

はるべえ
週末の勝浦の
潮位情報です

この週末の朝一は潮が少ない時間帯
からのスタートとなり
地形が深いところでも
比較的に割れやすい時間帯
となりますが

昼には潮が多くなって
割れにくく厚い波に
なってきそうです

ざっくり風とうねり221202

はるべえ
明日午前9時のざっくり
風と波のイメージです

沿岸部の風は北西~北ベースで
続いてくれたほうがよいですが
南東の風が入ってくる
ポイントや時間帯があるかも
しれません

東よりのうねりは
明日も腰腹~胸くらいで
反応するポイントも多そうなので

千葉エリアでは
まずは潮が少なくて
風の影響も少なそうな
朝一から入っておくのが
無難になってきそう
です

湘南エリアは
西からの波はダウンしそうで
今日よりも物足りない
サイズになってしまいそうです

無難にサーフィンするなら
千葉や茨城エリアに向かったほうが
波はありそうです

いい波をあてるためのLINE講座

千葉・湘南エリアの週末の風と波について
休みの日の前夜にブログ記事更新のお知らせ
などを配信中です

またLINE友だち追加して頂いた方には
「天気図から風と波を予想していい波をあてる!」
をテーマにしたLINE講座×全10回

LINE限定で無料配信しています

友だち追加

以下各パート毎のまとめスライド一部です

今後も海が好きな方に役立つ情報を
配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします!

今日の記事は以上です。
本日もお疲れ様でした!

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
221202
最新情報をチェックしよう!