2/11 ASAS weather&wave 

  • 2017年2月11日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

2/11 9:00
低気圧が東海上に抜け発達中、冬型の気圧配置が継続している
低気圧は966hPaにまで発達し、この低気圧からのウネリが千葉エリアにはしっかり届いている
千葉北はこの時間になり西寄りの風が強めに吹くようになってきている、サイズは肩頭サイズで十分なウネリ。
千葉南も胸肩サイズで風は強めに吹いているが楽しめている模様、平砂浦は朝一は風がなかったが8時くらいには北西から西のサイドオンが強くなりほぼ風クローズな状況。
この時期、南西から西の風が強くなるタイミングで内房でもサーフィンできるときがある。今日は西の風が強く風波で少しサイズでてきてかろうじてサーフィンできるくらいにはサイズアップするがコンディションはよくない
湘南にはまだ腰腹サイズが残り風も弱めで鎌倉から藤沢、茅ヶ崎エリアまでどこも混雑している模様。西の風が続きそうなので、明日も少し湘南にも波は残りそう。

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 伊勢エリア3 和歌山エリア3.1 磯ノ浦周辺3.2 南紀エリア4 徳島エリア4.1 内妻ポイントは南うねり到達の目安に5 高知エリア5.1 高知市周辺エリア5.2 中村エリア6 宮崎エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式 […]

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!