毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

12/14 3:00 ASAS

  • 2017年12月14日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/14 3:00 ASAS
日本付近は冬型の気圧配置、大陸からの高気圧が張り出しを見せてきており等圧線が縦に走るようになってきた。今日の後半からは次第に冬型は緩んでくる見込み。
一方でフィリピン近くに熱帯低気圧が発生していてウロウロ停滞中、直接的な影響はないが大きな気圧系の動きには関係してくる。
今朝の千葉エリアは北から北西の風でところによりやや強く吹く。今朝も物足りないスタート、九十九里から一宮周辺と勝浦までの各ポイントともに膝腿サイズ。久しぶりにスモールコンディションが続いている。
千葉南も昨日よりサイズダウン、膝腿からたまのセットで腰くらい。潮が上げてくるとさらに厳しいので引いている今の時間帯のほうが良さそう。
湘南も西うねりはなくなりサイズダウン。ただ膝腿くらいはありそうでフラットではなく多少はできるがロングが良さそう。
日本海側は西から冬型が緩んできて、今朝は福岡からサーフィン可能なコンディションに。まだ島根より東ではハードなコンディションだがオフショアに変わってきているポイントもあり強いうねりをかわせるポイントでは今日は楽しめそう。福井の高浜から鳥居浜エリアでは落ち着いてきてサーフィン可能。波難江は少し物足りないくらいか。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 都内から週末に通える海2 千葉エリア2.1 広範囲のうねりに反応する千葉エリア2.2 バラエティに富んだサーフポイント2.2.1 飯岡エリア2.2.2 片貝エリア2.2.3 一宮エリア2.2.4 九十九里エリア2.2.5 夷隅~大原2.2.6 勝浦エリア2.2.7 鴨川~和田エリア2.2. […]

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識 目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!