毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

12/20 3:00 ASAS

  • 2017年12月20日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/20 3:00 ASAS
昨日通過した気圧の谷は東の海上へ移動し日本の北東海上には低気圧がたくさん、等圧線の間隔は広くなっているが寒気は流れやすい状況に。南の海上には台風27号になるかどうかの低気圧が解析されている。この時期はさすがに日本への影響はないはずだが、今年最後の台風になるかどうかはチェックしておきたい。
今朝の千葉エリアは北西ベースの弱い風。今朝も昨日と同じくらいのスモールコンディションが続いており、九十九里から一宮周辺までは膝腿からあっても腰くらい。北西から南西の西ベースの風がしばらく続いたこともあり、はるか東の海上の高気圧からのウネリの反応は弱い。千葉南も膝腿くらいの同じくらいのスモールコンディション。マルキは南の風波が残って反応しているのか、周辺では反応がよく腰くらいサイズはあるが物足りない。湘南も今朝はスモールコンディション。
日本海側は今朝は落ち着いてきていてコンディション良くなってきている。若狭湾や丹後エリアなど胸肩くらいのファンサイズで楽しめそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

海底の地形と波アイキャッチ

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識 目次 1 波はどうして崩れるのか?2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 波のコンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレ […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!