2/12 ASAS weather&wave 

  • 2017年2月12日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

2/12 3:00
日本付近は冬型の気圧配置が続く
昨日よりは冬型は緩んできてはいるが依然として西日本の日本海側では警戒が必要
千葉エリアは今朝も東海上に抜けた低気圧からのウネリが継続、風は北西がやや強めに吹く
千葉北エリア、胸肩サイズで風も概ね合うポイント多くコンスタントに楽しめている模様、昨日よりかは幾分サイズダウン傾向ではあるが、まずまずのコンディションでいい日曜日に
千葉南も腹胸から肩サイズでこちらも風が合い楽しめている、白渚から花籠あたりにはいいセットも入ってきている模様で、こちらもいい日曜日に
湘南はさすがに3日目でサイズダウン、だがロングではまだまだ楽しめそう、腰サイズでまったりのんびりサーフィンできそう、いい日曜日に。
今月10日前後をピークとした今回の一連の寒波は峠を越えたがまだ日本海側では警戒が必要、14日頃までは寒波が抜けきらないため留意されたい、
木曜から金曜にかけて日本海を低気圧が東進、これに向かう南から風て関東地方は気温が一次的に高くなるが、低気圧抜けた後はまた冬型へ。三寒四温の季節真っ只中である