毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

12/17 3:00 ASAS

  • 2017年12月17日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/17 3:00 ASAS
昨日四国沖にあった低気圧は発達しながら南岸を東進し東の海上に抜けた。低気圧はこのまま北東へ進むが今日は冬型の気圧配置が強まっている。等圧線が縦に走り北からの風が全国的に強い状況。パイプラインマスターズはラウンド1途中から再開した模様。夜中にWSLアプリから通知がきた。
今朝の千葉エリアは北から北北西の強い風。今朝は多くのポイントでスモールコンディション。通過した低気圧からの南よりの風波の残りが南向きのポイントではやや反応しているが、九十九里から一宮周辺までは東の高気圧からの弱いうねりがメインで、力のない膝腿からたまに腰くらいのコンディション。
今日は飯岡や御宿のほうがサイズがありそうで腿腰から腹くらい、風が合うので他ポイントよりかは遊べそう。千葉南は南よりのうねりに反応して腰腹サイズがコンスタントに割れている。北西のオフショアが強めだが十分サーフィン可能なコンディション。
今朝の湘南は狙い目の朝、低気圧からの南よりのうねりが残り今朝は各ポイントで楽しめるコンディション。由比ヶ浜から大磯まで腰腹サイズがコンスタントに割れて十分楽しめるコンディション。朝一から多くのサーファーが暗いうちから海に入っていく。日曜日ということもあり、鎌倉エリアでは混雑している模様。このまま夕方まで持ちそうなので残りの時間を有意義に過ごしたいところ。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #hawaii #pipeline

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

目次 1 関東地方に向けてまっしぐら、沿岸すれすれを北上し三陸沖へ2 台風13号からのうねりの推移2.1 8/52.2 8/62.3 8/72.4 8/82.5 8/92.6 8/103 台風13号からのうねりの反応まとめ3.1 台風通過前3.2 台風通過後4 台風通過後に湘南では水温が顕著に低下 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!