3/22 ASAS weather&wave 

  • 2017年3月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

3/22 3:00 ASAS 
昨日南岸を通過した低気圧は東進を続けており東海上へ抜けた
日本付近は一時的に冬型の気圧配置となるが今回は長続きせず西から高気圧に覆われ、冬型は北日本中心となる
千葉エリアは東海上へ抜けた低気圧からのウネリが今朝もヒットしている状況、等圧線が縦に混んでおり北から北西の風が強めに吹いている
千葉北ではまだまだウネリが強く、九十九里から一宮周辺と夷隅から大原などはハード気味でまだ少しキビシイコンディション
飯岡や御宿部原では強いウネリを交わし風も合うので、胸肩サイズで楽しめていそうな感じか、強い北寄りの風がややネック
千葉南もウネリがまだ強い状況でキビシイコンディション、マルキでは比較的整ってウネリ交わし胸肩から頭サイズでできている模様、平砂浦も腰腹くらい反応している
千葉エリアは低気圧の位置的に東からのウネリがしばらく続きそうな状況
湘南も南東ウネリが入るも反応はイマイチで今朝は鵠沼で腰腹程度