10/17 3:00 ASAS

  • 2017年10月17日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/17 3:00 ASAS
南の海上に停滞する前線に向けて北から北東の風が強く吹き込む。今朝も気温が低い朝を迎えており、コートやマフラーを身につける人も多くなってきた。
台風21号は北上を続けており、週末日曜から週明けにかけて日本列島に影響を及ぼす可能性が高くなってきている。九州四国方面から偏西風にのり列島を縦断して北海道へ向かうシナリオもでてきている。日曜日は衆議院選挙の日、少なからず何らかの影響はありそう
な状況に。
今朝の千葉エリアは強い北から北東の風。九十九里では風を唯一軽減できる片貝周辺ポイントでは胸肩サイズまで昨日より若干サイズアップしサーフィン可能。一宮周辺はジャンクでほぼクローズアウト。勝浦方面はまだ風が弱く部原ポイントでは胸肩サイズで楽しめそうなコンディション。
千葉南も鴨川マルキでは風をかわし胸肩サイズで十分サーフィン可能。和田から白渚では風の影響があり流れも入ってイマイチながら胸肩サイズある。千歳と千倉は風の影響がモロにあるのでほぼクローズな状況。
湘南は今朝はサイズアップしていて鵠沼では腰腹サイズありこれから潮が引くタイミングでもう少し良くなりそうか。茅ヶ崎から平塚大磯までも今朝はサーフィン楽しめる。吉浜がイマイチ反応してない感じがする腰サイズ。朝一の着替えが寒くなってきた。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。 前回までの記事をざっとおさらいしておきますと 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/ 2回目は台 […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!