7/26 3:00 ASAS

  • 2017年7月26日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

7/26 3:00 ASAS
台風5号はしばらく北緯30度東経150度付近に停滞し複雑な動きをしていたが、北北西に進路をとり今後日本の南の海上まで西に進む予報になってきた。台風6号は熱帯低気圧に降格、フィリピンの東海上には別の熱帯低気圧がありこれから台風へと昇格する見込み。これから来週前半にかけてこの2つの台風が大きく影響してくる。日本の南の海上でこの2つの台風が接近、藤原の効果により複雑な動きになりそうな感になりそうか。来週にかけて小笠原から伊豆諸島では警戒が必要。
今朝の千葉エリアは弱い南の風、今日も朝一から一宮から太東にかけて風が合う状況が続いていて胸肩から頭サイズのグッドコンディションが続いている。風の合わないポイントではざわつきまとまりないハードなコンディションなのでまだ厳しいが、今日はこれから北ベースの風に変わってくる見込み。今までジャンクだったポイントも次第に面が整ってくる可能性ありチェックを続けたい。千葉南の北向きのポイントも良くなってくる可能性がある。
湘南は大磯から吉浜の東ウネリに反応するポイントは胸サイズあるが、藤沢から鎌倉ではサイズダウン傾向。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #熱帯低気圧 #台風 #夏休み