毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

5/7 3:00 ASAS

  • 2017年5月7日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/7 3:00 ASAS 
連休最終日の日曜日。
昨夕から今朝にかけて北日本から西日本の広い範囲で寒冷前線が通過。関東地方が一番遅い通過となり湘南エリアでは今朝2時に南から北の風にシフトした。
連休中に程よいサイズのウネリをもたらしたはるか東海上の高気圧からの吹き出しはこの寒冷前線により若干抑えられ、今朝は昨日と比べると波はサイズダウン傾向にある。
今朝の千葉エリア、千葉北では朝一は風は弱かったもののこの時間は北東が吹いてきた。
一宮周辺では腰腹から胸サイズ。まだ北東の影響は軽微だがこれからかなり影響してきそう。千葉南も千歳から千倉で腰胸サイズ。こちらもこれから北東が影響してきそう。
湘南は鵠沼から辻堂で朝一はセットで腰程度。朝一はまだ潮が多く割れにくい時間帯だったが潮は引いてきて割れやすくなってきている。但しサイズダウンは早そうなので早めに入っておいたほうがよさそう。
寒冷前線の通過により北よりの風波が日本海側で反応している。京都から鳥取、島根まで腰腹サイズでサーフィンはできそう。
今日は黄砂が西日本中心に観測されそう。また気温があがり熱中症のリスクもでてきた。
海はかなり混雑しているポイントが多くなっているのでテイクオフのときはよく左右をみて。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #寒冷前線

波をつくるための風

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーファーにとっての風とは こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって主に千葉エリアの波がどんなコンディションになるのか・なってい […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!